MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/21
  • MotorFan編集部

初代トヨタ・セルシオと現行クラウン、どっちが大きいでしょうか。

初代セルシオ(1989年)vs 現行クラウン(2018年)

このエントリーをはてなブックマークに追加
初代セルシオ(これはレクサスLS)
最近のクルマは大きい。初めて見たときに「でけえなあ」とつぶやいてしまったのはアナタだけではないだろう。では「でけえなあ」を繰り返してきた伝統のあるクルマは、初代と比べるとどれだけ大きくなっているのだろうか。あえて、そのクルマのひとつ上のクルマと比べてみよう。

 クルマは、なぜか新型に切り替わると大きくなる。まれにそうでないクルマがあると、その件が大きく取り上げられるほど。年々高速化と重量化が進む自動車の世界にあって、万一の衝突のことを考えるとボディサイズを大きくするのは解決策のひとつとして仕方がないのかもしれない。

 とはいうものの、時折見かける昔のあのクルマを見て「こんなに小さかったっけ?」というのはもはやお約束。全長もさることながら、とくに細さと低さが印象的である。

 というわけで、歴史のあるクルマの現行世代と、そのクルマのひとクラス上のクルマの初代と比べてみる。同じクルマの現行/初代で比べれば大きくなっているのは当たり前。果たしてどのくらいの寸法差が現れているだろうか──。

初代セルシオ(レクサスLS)。
15代目となる現行クラウン。

全長4995 × 全幅1820 × 全高1400 × 軸距2815mm セルシオ(初代)
全長4910 × 全幅1800 × 全高1455 × 軸距2920mm クラウン(現行15代目)

 世界がひれ伏した初代セルシオ。静粛性という、かつてない価値観で世界の度肝を抜き、ジャーマン3をはじめとした高級車は路線変更を余儀なくされた。
 寸法で比べてみると、かろうじてクラウンが小さい。けどもはや同じサイズといっても差し支えない。クラウンが全幅1800mmを守っているのはさすが。そしてホイールベースはクラウンのほうが長い。

初代レガシィ。
レヴォーグ。

全長4545 × 全幅1690 × 全高1395 × 軸距2580mm レガシィ(初代)
全長4690 × 全幅1780 × 全高1495 × 軸距2650mm レヴォーグ

 バンではなくワゴン。そして快速。このコンセプトが受けに受け、レガシィは富士重工業(現スバル)の窮地を救うヒット作となった。フォロワーも次々と現れ、一大ワゴンブームを引き起こす。
 インプレッサのワゴンとも言えるボディスタイルで登場したレヴォーグ。すでに初代レガシィよりひとまわり大きな躯体である。もちろん、現行レガシィはさらに大きい。

メルセデス・ベンツの初代Eクラス。当時はミディアムクラスと称していた。
現行のCクラス。

全長4740 × 全幅1740 × 全高1445 × 軸距2800mm Eクラス(初代)
全長4686 × 全幅1810 × 全高1445 × 軸距2920mm Cクラス

 いまなお名車として語り継がれる初代Eクラス。一回り小さな『190』と瓜二つのボディスタイルをまとって新型ミディアムクラスとして登場、「ベンツと言えばコレ」という方も多いはず。
 それに対して現行Cクラスは、全長が短く全幅が広い。ホイールベースも一回り長い印象だ。

BMWの初代5シリーズ。
現行3シリーズ。もうすぐ新型に切り替わる予定。

全長4620 × 全幅1690 × 全高1425 × 軸距2636mm 5シリーズ(初代)
全長4624 × 全幅1800 × 全高1416 × 軸距2810mm 3シリーズ

 『XX00』シリーズの跡を継いで登場した初代5シリーズ。当時の日本では、現在からは想像もつかないほど地味だった「ベーエムヴェー」だったが、初代6シリーズや初代3シリーズの登場あたりから知名度が高まってきて人気車種になっていった印象である。スラントノーズのデザインが、ため息をつかせるほど美しい。
 現行3シリーズは、Dセグメントのライバル勢の間では比較的コンパクトなイメージがあるが、初代5erと比べるともはや同寸を通り越してよりワイドでローなフォルムであることがわかる。

初代パサート。数あるボディバリエーションの中から5ドアハッチバックを。
現行ゴルフ。奇しくも同じようなカラーである。

全長4190 × 全幅1600 × 全高1360 × 軸距2470mm パサート(初代)
全長4266 × 全幅1800 × 全高1480 × 軸距2635mm ゴルフ(現行7代目)

 初代パサートというクルマをご記憶の方は相当なマニアだろう。シロッコと同様に、ほとんど街中でも見かけなかった。初代ゴルフ/シロッコと同様にジョルジェット・ジウジアーロによるデザインをまとい、3車ともにハッチバックボディを備えていた。この初代はアウディ80との関係が深く、FWDながら縦置きエンジンという、パワートレインオタクにはたまらない機械構成。
 そこから比べるとゴルフも大きくなった。パサートは非常に背の低いフォルムだったので、全幅の違いもありゴルフはよりどっしりとして見える。

というわけで初代ゴルフ。
現行ポロ。

全長3725 × 全幅1610 × 全高1410 × 軸距2400mm ゴルフ(初代)
全長4060 × 全幅1750 × 全高1450 × 軸距2550mm ポロ

 ロングセラー/ベストヒットのTyp.1(ビートル)を刷新したい。しかし滅多なことでは後継として失速するのは火を見るより明らか。そこでフォルクスワーゲンのとった手段が、ジアコーサレイアウトによるFWDへの転換。小型化とパッケージングを両立させた。その後の華やかな歴史は皆さんご承知のとおり。
 先般デビューを果たした新型ポロは、すでに初代ゴルフよりすべての寸法を上回っている。とくに日本のユーザーの間では、全幅1700mmを超えたことが話題に上っているようだ。
 

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る