MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/02
  • MotorFan編集部

プジョー508SWデビュー【パリモーターショー2018速報】

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年のジュネーブモーターショーでデビューしたプジョー508に
待望のステーションワゴン仕様「SW」が加わり、
パリモーターショーでベールを脱いだ。
セダンでも特徴的なデザインとして注目を浴びていたテールランプだが、ステーションワゴンのシルエットにも見事にマッチしている。

セダンよりも前衛的なデザイン

 すでに2018年3月のジュネーブモーターショーでデビューしていたプジョー508に、ステーションワゴン版であるSWが加わった。

 基本的なモデル構成はセダンに準じており、1.6Lのガソリンターボと1.5Lor2.0Lのディーゼルターボがラインナップされる。19年にはPHEVの導入もアナウンスされている。

 ひとまずフランスとイギリスでファーストエディションとして販売が開始されるとのことで、225psの1.6Lガソリンターボもしくは180psの2.0Lディーゼルターボで、いずれも8速ATと組み合わされる。日本をはじめ、世界の各マーケットにも順次導入されていくはずだ。

プジョーお得意の小径ステアリングが特徴的なコクピット。下部が手前に迫り出したダッシュボードにはピアノの鍵盤のようなスイッチが並ぶ。
いかにもスクエアで使いやすそうなラゲッジスペースを備える。

2019年に向け、PHEV仕様も参考出品されていた。やはりセダンのリヤまわりもかなりスタイリッシュだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る