MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. ニューモデル

復活スズキ・カタナ! 走行シーンなどなど「New SUZUKI KATANA」【ケルン・インターモト2018】

  • 2018/10/03
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月2日、ケルンで開催されているインターモトでベールを脱いだ新型カタナ。
詳細は既報の通りだが、新たに走行シーンなどの写真を入手したので紹介しよう。
国内発売のタイミングは未定だが、ひとまず写真を眺めて期待を膨らませよう。

「ケルンの衝撃」再び! 同じ場所で38年ぶりの熱狂

 1980年のケルンショーでベールを脱いだGSX110Sカタナ。世界的な人気モデルとして多くの熱狂的なファンを生み出し、2000年まで生産されたことは広く知られている話だ。あの「ケルンの衝撃」とまで言われた鮮烈デビューから38年を経て、同じケルンの地で、ついに新生カタナがベールを脱いだ。

 すでに速報レポートはお送りしているが、新たに数点の写真が入手できたのでご紹介しよう。

フレームやエキゾーストなどの形状を見る限り、ベースはGSX-S1000と考えて間違いないだろう。
初代カタナと大きく異なるのがリヤまわり。ショートで跳ね上がった造形は極めて現代流だ。
タンクのサイド部に刻まれた鋭いラインが、初代と同様に日本刀をイメージさせる。
アップハンドルの採用には賛否両論あるだろう。セパレートハンドルが禁止されていた当時、国内仕様はアップハンドルとされていたが、多くのライダーはオリジナルデザインを求めてセパハン化。その結果、通称「カタナ狩り」と呼ばれる警察の摘発を受けるライダーが続出した。新型カタナは最初からアップハンドルとされているが、セパハン化のカスタムが流行るのは目に見えている?

おすすめのバックナンバー

フランクフルト・モーターショー2019

フランクフルト・モーターショー2019 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ