MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ホンダ > NSX > 意のままに操る喜びを追求したホンダNSXの2019年モデルが登場!
  • 2018/10/25
  • GENROQ編集部

意のままに操る喜びを追求したホンダNSXの2019年モデルが登場!

SH-AWDの最適制御や新開発タイヤの採用や新色の設定など魅力的に生まれ変わった

このエントリーをはてなブックマークに追加
新色の「サーマルオレンジ・パール」。
日本が誇るスーパースポーツである2代目NSXの2019年モデルが登場した。意のままに操る喜びをテーマに、新開発タイヤの採用やサスペンション各部剛性の向上、SH-AWDの駆動力配分最適化など変更は多岐に渡る。

 2016年8月の発表以来、当初の計画を大きく上回る400台以上のオーダーを受けている日本のスーパースポーツ、NSXが大幅改良された。従来は米国ホンダのテッド・クラウスLPLが開発責任者だったが、今回の2019年モデルより本田技術研究所の水上 聡氏が開発責任者となった。
 
 水上さんは2014年よりダイナミック性能統括責任者(マイスター)として、ホンダ車全般の走りの方向性を決めてきた人物だ。そんな彼がNSXの開発責任者となったことで、その走りは大幅な進化を遂げているに違いない。

2019年モデルの開発責任者・水上 勉氏。

 2019年モデルのテーマは「意のままに操る喜びを追求」。その言葉通り、走りの面での変更は多岐に渡る。タイヤがコンチネンタル・スポーツコンタクト5Pからアウト側のブロック剛性をアップさせたスポーツコンタクト6(専用チューニング)に変更され、それに合わせてフロントスタビライザーを26%、リヤスタビライザーを19%、リヤコントロールアームブッシュを21%、リヤハブを6%、剛性を高めた。

 また「インテグレーテッド・ダイナミック・システム」の各走行モードの制御を最適化したほか、SPORT HYBRID SH-AWDの駆動力配分制御を見直した。これにより、限界走行域においてのコントロール性や車両安定性が向上したという。

 外観では初代NSXのプレミアムカラーであったイモラオレンジ・パールからインスピレーションを受けたという「サーマルオレンジ・パール」が新色として追加された。イモラオレンジ・パールよりも鮮やかなオレンジ色はNSXにとても良く似合う。またそれに合わせて、ブレーキキャリパーにもオレンジ色が追加となった。このほかフロントグリルは従来のシルバーからボディカラー同色となり、室内ではオプションのパワーシートにインディゴとレッドが新設定された。

タイヤは従来のコンチネンタル・スポーツコンタクト5Pから専用チューニングが施されたスポーツコンタクト6に変更された。

 NSXは従来どおり受注生産のため、納期は約半年〜1年かかる。新色のサーマルオレンジ・パールが欲しい向きは急いで注文したほうがいいだろう。車両本体価格は2370万円。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る