MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/05
  • GENROQ編集部

アウディの新EVコンセプト、Q4 e-tronが登場【ジュネーブ・ショー2019】

このエントリーをはてなブックマークに追加
アウディのEVであるe-tronに新たな1台が加わった。コンパクトなボディを持つSUV、Q4 etronは前後にモーターを搭載したクワトロで、後続距離は450kmを実現している。

 アウディは新たなEVのコンセプトモデル、Q4 e-tronをジュネーブ・ショーで発表した。全長4.59m、全幅1.90m、全高1.61m、ホイールベース2.77mのコンパクトなSUVボディのリヤに150kW(204ps)/310Nmを発揮するモーターを搭載し、フロントには75kW(102ps)/150Nmのモーターを搭載。

 通常はリヤモーターのみを動かし、必要に応じてフロントモーターを動かすというクワトロシステムを採用。最高速度180km/h、0-100km/h加速6.3秒という速さを誇る。

 プラットフォームはフォルクスワーゲングループの次世代EV用として開発されたMEBを使用。フロアに搭載されるバッテリーは82kWの容量を持ち、450kmの航続距離を可能としている。バッテリーシステムだけで510kgの重量があるが、前軸と後軸の間に搭載されるため重心は低く、前後重量配分はほぼ50:50になるという。


 アウディのEVであるe-tronは2018年に初のモデルが発表され、2019年の3月から納車が開始される。そして2019年末にはe-tronスポーツバックも発表される予定だ。

 また昨年のLAモーターショーで発表されたアウディスポーツの手によるe-tron GTは2020年の後半に発売予定だが、このQ4 e-tronもほぼその時期に市販モデルが登場する予定だという。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る