MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/13
  • MotorFan編集部

「ここまでやられちゃうと、日本車は太刀打ちできない」プジョー208とルノー・クリオをスバルの前デザイン部長・難波治教授が語る

難波教授のデザインウォッチング ジュネーブ・モーターショー2019編④

このエントリーをはてなブックマークに追加
スバルの前デザイン部長で現在は、首都大学東京で教鞭をとる難波治教授が、ジュネーブ・モーターショーを取材。デザインチェックと写真撮影をおこなった。第四弾は奇しくも同時にフルモデルチェンジをしたプジョー208とルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)である。

COMMENT & PHOTO◎難波 治(NAMBA Osamu/首都大学東京教授) まとめ◎MotorFan.jp編集部

自動車デザインは今「西高東低」か。スバルの前デザイン部長・難波治教授が語る

MF:日本でも人気があるフレンチ・コンパクトの代表選手であるプジョー208とルノー・クリオがジュネーブで同時にデビューしました。教授、まずはプジョーからいきましょうか。

新型プジョー208


新型プジョー208がジュネーブでワールドプレミア! e-208に注目

 プジョー208です。
 非常に良くできたクルマですね。外観もそこそこスポーティに仕上がっています。とくに内装の仕上がりがいいし、これだけ装備、素材感、仕上がり含めてコストがかかっている感じ……これはこのクラスのヨーロッパ車がここまでやってしまうと、日本の同クラスの商品はちょっと太刀打ちできないかな、と思いました。

お、208もEVがあるんですね。

 サイドビューを見ていたら、ウィンドウのプロフィールにかつての205を思い起こしました!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る