MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ルノー > アルピーヌ A110 > ピュアスポーツのキャラクターを、サイズから考察! アルピーヌA110対ロータス・エリーゼ
  • 2019/05/20
  • 古川裕

ピュアスポーツのキャラクターを、サイズから考察! アルピーヌA110対ロータス・エリーゼ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アルピーヌA110 最小回転半径:5.8m

ロータス・エリーゼ 最小回転半径:5.0m

 最小回転半径は、アルピーヌA110がこのサイズのクルマとしてはやや大きな5.8mと不利。ただ、エリーゼの場合は最小回転半径という数値以上に、取り回しで大きな影響を及ぼすのが“重ステ”であること。パワーステアリングなしでも操作できなくはないが、片手でクルクルと回せるほどではないため、狭い駐車場内で何度も切り返す必要がある場合などは、大変な思いをするかもしれない。

アルピーヌA110 荷室容量:フロント100ℓ/リヤ96ℓ

ロータス・エリーゼ 荷室容量:115ℓ

 車両そのもののサイズ差、そして前後に荷室を有するというアドバンテージから、アルピーヌA110の荷室はロータス・エリーゼを圧倒する。とはいえ、どちらも普通のクルマのように余裕のあるスペースではないので、旅行の際は荷物を厳選する必要がありそうだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る