MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. レヴォーグ

スバル、 新型レヴォーグ・プロトタイプSTI Sportを初公開!電子制御ダンパーやドライブモードセレクトを採用。【東京オートサロン2020】

  • 2020/01/10
  • MotorFan編集部 鈴木慎一
このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルは東京オートサロンで「新型レヴォーグ プロトタイプ STI Sport」を公開した。昨年の東京モーターショーでワールドプレミアした次期レヴォーグのプロトタイプのSTIバージョンという位置づけだろう。

SGP+フルインナーフレーム構造を採用

 新型レヴォーグは、既報通りSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)にフルインナーフレーム構造を組み合わせ、新開発の1.8ℓ水平対向4気筒直噴ターボを搭載する。この新開発エンジンは、「リーンバーン(希薄燃焼)」を実現しているというから楽しみだ。

 プロジェクトのリーダーの五島 賢さんPGM(プロジェクト・ゼネラル・マネーシャー)は、プレスカンファレンスで「超革新的な走り」を実現した、と何度も話していた。スバルは、「今回初公開した新型レヴォーグ プロトタイプ STI Sportは、スバルと STI が一丸となり新型レヴォーグの進 化した走行性能にさらなる磨きをかけた、革新し続けていく「SUBARUの走りの未来」を切り拓く 1 台です」 という。

 新型レヴォーグそのものは今年後半のデビューが予告されている。今回の新型レヴォーグ プロトタイプ STI Sportは、電子制御ダンパーををスバルとして初採用したのもトピックだ。

 今回の新型レヴォーグ プロトタイプ STI Sportには、「ドライブモードセレクト」をスバル初採用する。従来の「SIドライブ」のパワーユニット制御だけでなく、ステアリングやダンパー、AWDについても制御できるようにした。

 五島PGMによれば、各モード(コンフォート、スポーツなど)でまったく違うキャラクターが味わえるという。しかも、上質な乗り味とスポーティな走りは高次元で両立させたという。

ボディ構造はSGPにフルインナーフレーム構造を組み合わせた

 2020年期待の新車である新型レヴォーグのデビュー時期は明言されてはいないが、デビュー前からSTI版を見せるほどスバルとして気合が入ったモデルということだろう。
 登場が楽しみだ。

新型は大きい? 小さい? 新型スバル・レヴォーグ 新型と現行のサイズを比較してみる【東京モーターショー2019】

新型レヴォーグが東京モーターショー2019で発表された。SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用した新型レヴォー...

あわせて読みたい

新型レヴォーグ降臨! スバルがレヴォーグ・プロトタイプを発表【東京モーターショー2019】

登場が2013年のスバル・レヴォーグ。まだまだ新しいクルマだと感じていたが、もはやフルモデルチェンジのタイミングが近づい...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ