MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. ハリアー

トヨタ新型ハリアーの詳細が徐々に明らかに。ボディカラーは全7色、ホイールは19インチ、スマホアプリでエンジン始動可能!

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月13日に発表された新型ハリアー。その際に配布されたプレスリリースには掲載されていない情報が、トヨタのホームページに公開されていた。その内容をかいつまんでご紹介しよう。

 新型ハリアーのグレードはベースグレードの「S」、中間グレードの「G」、上級グレードの「Z」が揃う。また、「G」と「Z」では本革シートが備わるレザーパッケージを選ぶこともできる。

リヤビューはロングタイプのLEDハイマウントストップランプが特徴的

 エクステリアでは、プロジェクター式LEDヘッドランプにより切れ長で精悍な顔つきを演出している点に注目したい。

 また、薄さ・シャープさに拘ったコンビネーションランプと、ロングタイプのLEDハイマウントストップランプのコンビネーションが存在感のあるリヤビューを作り出している。

消灯状態
点灯状態

造形美を感じさせる19インチアルミホイール

 足元は、凝りに凝った「多軸スポーク構成」とした19インチアルミホイールが目を引く高輝度シルバー塗装が施されており、高級感を漂わせる。組み合わされるタイヤは、225/55R19サイズだ。ちなみに現行型ハリアーは最大18インチだったので、新型では1インチ大径化が実現したというわけだ。

全7色から選べるボディカラー。ブラックパールは自己修復作用あり

 ボディカラーはイメージカラーのプレシャスブラックパールを含め、全7色が揃う。それぞれのカラーの特徴は、以下の通りとなっている。ちなみに、ブラックとホワイトパールクリスタルシャインは現行型ハリアーでも採用されているトヨタの定番カラーだ。

【プレシャスブラックパール】
黒真珠のような上品で滑らかな質感と、明暗の力強いコントラストを両立したブラック。小さなすり傷を自己修復するセルフリストアリングコートを採用し、新車時の光沢とカラーを長期にわたり保持。※メーカーオプション

【スレートグレーメタリック】
面の変化や見る角度によって緑色や青に発色する、国内初設定の上質なグレー。

【ホワイトパールクリスタルシャイン】
真珠のような輝きで、質感の高さを表現するホワイトパール。※メーカーオプション

【ブラック】
フォーマルなシーンを演出する、深みのあるブラック。

【センシュアルレッドマイカ】
華やかな色合いで上質さを感じさせる深みのあるプレミアムレッド。※メーカーオプション

【スティールブロンドメタリック】
エレガントな面の表情を感じさせるブロンドメタリック。

【ダークブルーマイカ】
都会的なスタイルを演出する質の高いグレー。

ボーダー柄やパイピングなど細部にこだわったインテリア

 続いて、インテリアに目を移そう。新型ハリアーは「パターンコーディネーション」と称して、カップホルダーの底面やフロントドアトリムスピーカーに、共通のモチーフとしてバイアスボーダー柄を採用している。

 また、インパネやドアトリムにはパイピングオーナメントを採用し、その末端部分には金属留め具加飾をあしらうなど、細部の意匠にこだわっているのがうかがえる。

瞬時に太陽光を緩和する調光機能付きパノラマルーフ

 パノラマルーフは調光機能により、調光・透過を瞬時にタイムラグなしで切り替えることができるという。電動シェードを開け閉めすることも可能だ。

透過状態
調光状態

レーダークルーズコントロールは全車速追従機能付き

 予防安全に関しては、「トヨタセーフティセンス」が全車に標準装備される。その中身は、以下の通りだ。

プリクラッシュセーフティ
レーントレーシングアシスト[LTA]
レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)
アダプティブハイビームシステム[AHS ]/オートマチックハイビーム[AHB]
ロードサインアシスト[RSA]

 そのほかにも、アクセルの踏み間違いによる衝突被害を軽減するインテリジェントクリアランスソナー、ドアミラーでは確認しにくい後側方の車両を検知・警告するブラインドスポットモニター[BSM]、バックで出庫する際に自車左右から接近する車両を検知・警告してブレーキ制御も行うリヤクロストラフィックオートブレーキが用意されている。

車両前後の映像をSDカードに録画するデジタルインナーミラー

 新型ハリアーの新装備で話題を呼んでいるのが、デジタルインナーミラーだ。前と後ろの両方を録画する機能が備わっており、映像はミラーに装着するSDカードに録画することができる。

最上級グレードは12.3インチ、その他は8インチが標準のセンターディスプレイ

 最後に、ナビゲーション関連について。最上級「Z」グレードのセンターディスプレイには12.3インチ高精細TFTワイドタッチタイプを採用。ちなみに、その下にはエアコンとオーディオもタッチで操作する静電式ヒーターコントロールパネルが配置される。

 また、「Z」はT-Connect SDナビゲーションシステムとJBLプレミアムサウンドシステム(9スピーカー)も標準で備わる。

 一方、「G」と「S」は8インチでィスプレイオーディオ+6スピーカーが標準となる。この新型ハリアーからはApplr CarPlay/Andoroid Autoが標準機能となったのはうれしいポイントだ。

スマホアプリの新機能でエンジンとエアコンの作動が可能に

 また、新型ハリアーではMyTOYOTAアプリを通してエンジンスタート・エアコン起動が可能になる新しいオプションサービスが設定されるのも見逃せない。真夏・真冬の乗車時に重宝しそうな機能だ。

スマホで愛車の管理ができるアプリ「My Toyota for T- Connect」

 ちなみに、グレードによる装備一覧は以下のとおり。価格が未発表なためお買い得グレードを考証することはできないが、19インチホイールにこだわらないのであれば、中間グレードである「G」を選び、オプションで必要な装備を追加する…という人が多くなるのではないだろうか。

※装備表は編集部作成

 新型ハリアーの発売は6月発売が予定されている。それまでに、また新たな情報が入ったら随時お届けしていきます!

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ