MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. ハリアー

初代から新型まで、SUVに新たなジャンルを確立させたハリアーのインパネデザインをチェック! 高級SUV路線を生み出したトヨタ・ハリアーの歴代インテリアを振り返る

  • 2020/05/29
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ・ハリアーがプレミアムSUVという新ジャンルを築き上げたのは、スタイリッシュなエクステリアデザインだけでなく、クロカン4WDらしさを徹底して排除した高級感あるインテリアデザインのおかげでもある。そこで、初代からまもなく登場する新型にいたるまでの歴代ハリアーのインテリアデザインを振り返ってみよう。

REPORT:ニューモデル速報編集部

まるでサルーンのようなスタイルがハリアーの成功を決定づけた

 それまでの質実剛健的クロカン4WDスタイルと決別し、何も言われなければ高級サルーンのインテリアと信じてしまいそうな初代ハリアーのインテリア。

 大きくM字を描く伸びやかなデザインは乗り込んだ瞬間から高い質感を伝えてきた。メーターは三眼タイプのオプティトロンメーターで、これまた高級車らしさを演出。高い位置に置かれたナビ画面周囲を囲むように配したエアコン吹き出し口は当時先進感を持って受け入れられた。

 シフトレバーは手前に張り出したセンターコンソールに設置するインパネシフトとし、左右席間のウォークスルーを実現しているのはミニバンにも通じる、セダンにはないユーティリティの高さ。ラゲッジ左右の小物入れなど、使い勝手の良さも人気を博した理由のひとつだ。

精悍さを打ち出した二代目インテリア

「猛禽類が持つ精悍さ」をイメージしてデザインされた二代目ハリアーのインテリア。ハリアーらしさとして初代から高い位置のナビ画面、その両脇のエアコン吹き出し口、インパネシフトを受け継ぎ、未来的でクールな印象の案がブラッシュアップされた。中央部分のメカニカルなシルバーと、ステアリングにも採用されるウッドの多々紙がそれを象徴している。三眼独立メーターは結果として二代目ハリアーだけの特徴となっている。

素材感の表現を優先させた三代目

 心機一転、国内専売モデルとしてリスタートを切った三代目ハリアーのインテリアは、素材ありきでデザインが進められた。通常ならカタチができあがってから色や素材が決められるのだが、三代目ハリアーでは「こういう質感にしたいからこういうカタチになるのだ」という順序でデザインされたのだ。

 助手席前の凹部分は実用性では無く、広さ感を生み出す源泉として採用されるなど、高級な雰囲気をわかりやすく表現しているのが特徴だ。3Dドライ転写を利用した木目調加飾パネルは、木の導管が液体金属を吸い上げたイメージや、ローズウッドと黒檀を嵌め合わせた新しい木目を開発。艶やかなディープボルドーの内装色と合わせ、従来からのハリアーユーザーをも驚かせるような新境地を開拓した。

「大らかな逞しさ」を演出する四代目

 新型ハリアーのインテリアでまず目に飛び込んでくるのは、馬の鞍をイメージしたという幅広く堂々としたセンターコンソール。そしてそれを挟み込むインストルメントパネルの大胆な造形だ。

 カタチばかりでなく、厚革を曲げて出来る自然なシルエットをイメージして触り心地にもこだわったレザー調素、曲木と呼ばれる木工技法にヒントを得たウッド調加飾、パイピング加飾を随所に配してさりげないプレミアム感を演出するなど、心地よい上質な室内空間を生み出している。

 こうして歴代ハリアーの内装を見てみると、常にSUVという枠を越え、乗る人すべてに深い満足感を与える上質な空間を作り続けてきたことがわかる。間もなく登場する新型も、写真だけで無く実物を見て、触れてその世界を早く感じてみたいものだ。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ