Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. Honda e(ホンダ・イー)

【2020年の推しカー|ホンダe】久しぶりにセンスのいいホンダ車!約450万円の価格も高いと思わない(森口将之)

このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車だけでなく、モビリティ関連全般で健筆を振るう森口将之さんが選んだ「2020年の推しカー」はシトロエン・ベルランゴ、ルノー・ルーテシア、ホンダe。特にホンダeはデザインを高く評価しており、「久しぶりにホンダがセンスのいいブランドだと再認識した」と賞賛する。

TEXT●森口将之(MORIGUCHI Masayuki)

第3位:シトロエン・ベルランゴ「バカ売れも納得。カタログモデルのスチールホイール姿もいい」

写真はシトロエン・ベルランゴのベーシックグレードとなる「FEEL」。16インチスチールホイール+ホイールキャップを履いた姿が、道具感を醸し出していてそそられる。

ベルランゴ、バカ売れらしい。もちろんシトロエンとしてはという注釈付きだけれど、納得である。このカテゴリーのベンチマークであるルノー・カングーに負けない魅力の持ち主になっているからだ。

1.5リッターのディーゼルターボエンジンに8速ATの組み合わせは、荷物をたくさん積んでも余裕の加速を披露。最高レベルの先進運転支援システムも装備しているので、どこまでも行けそうだ。フラットライドにこだわったカングーに対し、シトロエンらしいゆったりした車体の揺れを体感させてくれるところもうれしい。

デビューエディションは上級版だけだったのに対し、カタログモデルでは道具感を強調したベースグレードが追加されたところもいい。インチダウンのスティールホイールという姿、コアな仏車好きもコロッといきそうだ。

第2位:ルノー・ルーテシア「欧州ではゴルフを凌ぐベストセラーカーであり、乗れば208を凌ぐ実力を実感」

日本では11月から発売が開始された、新型ルノー・ルーテシア。パワートレーンは、1.3Lターボエンジン(131ps)と7速ATが組み合わされている。

先日発表された2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)の最終選考で、僕はプジョー208に10点を投じた。でもそれは、10ベストに残った10台の中でのベスト。フランスでも日本でもライバル関係にあるルノー・ルーテシアと乗り比べたら、こっちのほうが上だと思うようになった。

デザインの方向性はルーテシアのほうが好みだし、エンジンははるかにパワフルで、4気筒ならではのスムーズさも味わえる。シャシーは伝統のフラットライドで、滑るように走る。ハンドリングもハイレベル。しかもこれまで遅れをとっていた先進運転支援システムが一気にトップレベルになった。

こうなるともはや選ばない理由がないとさえ言いたくなる。欧州では月によってはフォルクスワーゲン・ゴルフをも抜いて乗用車ナンバーワンの販売台数をマーク。その理由を思い知らされた。

ルノー・ルーテシア

第1位:ホンダe「これは日本初のプレミアムコンパクトだ!」

ホンダ初の量産電気自動車、ホンダe。1回の航続距離は283kmと、日産リーフの458kmと比べるとだいぶ短い。しかし、ホンダeには小回りのよさや先進のコネクテッド技術、レトロモダンなデザインなど独自の魅力が詰まっている。

残念ながらCOTYの10ペストカーには入らず、部門賞にも選ばれなかったホンダの小型EV、その名もホンダeこそ2020年の私的ナンバーワンカーだ。

なによりもデザインが素晴らしい。初代シビックを思わせるフォルムと親しみの湧く丸いランプ、リビング感覚の仕立てでリラックスして過ごせるインテリアなど、ホンダがセンスのいいブランドであることをひさしぶりに教えられた。

スマートフォンでドアロックが解除できたり、ドアミラーをデジタル式にして超小型センサーにまとめたり、インパネはウルトラワイドなディスプレイにしたり、先進テクノロジーをふんだんに取り入れているところもまたホンダっぽい。

しかも走りが楽しい。リアモーター・リアドライブのおかげで、発進で後輪がアスファルトを蹴る心地よさを味わえるし、ブレーキングでは前後に安定して荷重がかかることを体感。コーナーは軽快な身のこなしに魅了される。

発表当初は高いと思った約450万円という価格に、今は納得している。日本初のプレミアムコンパクトと呼びたくなる逸品だ。

ホンダe

2020年に買って良かったモノ:ブルーエア 空気清浄機

緊急事態宣言のときにアマゾンで買ったこの空気清浄機。スウェーデンのブルーエア製で、操作系は上の真ん中のタッチスイッチだけ。ブルーの部分はサブフィルターで色替え可能。ひさびさの北欧家電、満足しています。

『2020年の推しカー』は毎日更新です!

いよいよ2020年もラストスパート! ということで、今年(2019年12月〜2020年11月)に発表・発売されたクルマ(マイナーチェンジ・一部改良・追加モデルなどすべて含みます)のなかから、「他人はどうかわからないが、個人的に大好きだ!」という"推しカー”を3台、自動車評論家・業界関係者に選んでいただきます。明日の更新もお楽しみに!

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ