三菱自動車のフィリピン現地生産モデル「ミラージュG4」がデザインを一新!“ダイナミックシールド”を採用したフロントマスクを採用

8月30日、三菱自動車はフィリピンで現地生産しているコンパクトセダン「ミラージュG4」のデザインを一新し、8月28日に同国で発売したことを明らかにした。

インテリアでは7インチスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)を採用

ミラージュG4はコンパクトハッチバック「ミラージュ」の派生車として2013年に発売。1.2ℓエンジンを搭載する4ドア5人乗りのコンパクトセダンだ。今回の大幅改良ではデザインを一新し、三菱自動車のフロントデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を採用したシャープでダイナミックなエクステリアを実現。インテリアには7インチスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)を採用し、利便性を高めている。

ミラージュG4の世界累計販売台数は2021年7月末までに約37万台、フィリピンでの累計販売台数はタイからの輸入と現地生産モデルを合わせて約9万2千台に達している。フィリピンにおいては、同国政府の自動車産業育成政策「CARS Program」の支援を受けた初めての案件として、生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション(以下MMPC)の車両生産工場で2017年より生産されている。

三菱自動車の加藤隆雄社長は次のようにコメントしている。
「今回の『ミラージュG4』は、これまでの使い勝手の良さを保ちながら、より安定感のある、アグレッシブで力強い外観としています。また、これまで『ミラージュG4』はサンタローザ市におけるMMPCの工場と、自動車部品サプライヤーを通じて雇用機会を生み出し、フィリピン経済にも貢献してきました。2022年モデルの投入によって現地生産を強化し、フィリピン市場にさらにコミットしていきます」

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン