MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > ドライブトレイン > 固定式等速ジョイント

固定式等速ジョイント

【non-sliding type CV joint】

このエントリーをはてなブックマークに追加
等速ジョイントのなかで、軸方向に伸縮しないタイプをいう。ダブルカルダン型ジョイント、ツェッパ型ジョイント、固定式トリポード型ジョイントなどがそれらに属する。前輪駆動車のドライブシャフトにおいて車輪側に使用される。前輪舵角は40度以上になるので、それに対応できる屈曲角とその角度での等速性が必要である。等速性は入出力軸のジョイント内接点(ボールやローラー)が屈曲角の2等分線上にあることで得られる。屈曲角を大きくするためには、ジョイント内部部品の干渉対策や、ダストブーツの対策が必要である。ジョイント寿命はブーツの破れで決まることが多いため、ブーツ形状を工夫し、屈曲疲労耐久性を保証している。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る