MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ルノー > ルーテシア > ルノー・ルーテシアR.S.|ミハエル・クルムも納得!本気のスーパースポーツである
  • 2018/08/03
  • MotorFan編集部

ルノー・ルーテシアR.S.|ミハエル・クルムも納得!本気のスーパースポーツである

RENAULT LUTECIA R.S. Driving Impression by Michael Krumm〈ルノー・スポール考察〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
数々のカテゴリーでチャンピオンに輝き、
レース界きっての頭脳派として知られるミハエル・クルム。
世界中を飛び回る彼がどうしても乗りたかった一台、
ルーテシア・ルノー・スポールへのテストドライブが実現した。

PHOTO●宮門秀行(MIYAKADO Hideyuki)/平野 陽(HIRANO Akio)

とにかく驚いた、それが第一印象だ

 とにかく驚いた。それがルーテシアR.S.に試乗した直後の率直な感想だ。どこを取ってもレベルが高い。正直に言って私はコンパクトFFスポーツにはあまり詳しくないため、果たしてルーテシアR.S.だけが突出しているのか、それとも最近のこのカテゴリーのクルマたちがみんな優れているのか、正確には判断できない。だが少なくともルーテシアR.S.が「一流のスポーツカー」であることは間違いない。自分が10代の頃にこのクルマに出会えていたらどんなに幸せだったろうか?

 まず実物を目にして目に止まったのは特徴的なフロントマスクだ。F1をイメージしたというが、なるほどスポーティで迫力に満ちているし、ほかの何にも似ていない。どうしてほかのメーカーはやらないのだろう?

 こうしたレーシングマシンのモチーフをエクステリアに採り入れているのは、ほかにはフェラーリくらいだろうか。かつてメルセデスのSLRやSLKもF1のような形のノーズだったと記憶しているけれど、せっかくお金を掛けてモータースポーツに参戦しているのだから、もっと積極的に活用すればいいのにと思う。

サーキット走行を熟知した人間が作っている

 シートは相変わらずサポート性に優れ、ドライビングポジションにも文句はない。比較的長身の私は、こうしたコンパクトなクルマで満足できるポジションを得られた試しがなかったのだが、かつて先代ルーテシアR.S.に試乗した際、小さいボディサイズながら妥協なくポジションを合わせることができて感心した覚えがある。その美点は健在だった。座り心地はともかく、ポジションに関する問題はとてもシンプルで、前後の調整代を大きく取ってくれればいいだけ。それが出来ていないクルマが多すぎるのだ。

 ポジションが決まると、それだけでクルマに対する印象がグッと良くなる。そしてドライビングに対するモチベーションが湧いてくる。

 6速MTに代わって採用されたという6速DCTだが、スポーツモードやレースモードにおける変速スピードは明らかに速い。レーシングマシンに慣れた私でも、ほとんど不満のないレベルだ。1000万円以上のスーパースポーツでも、これより遅い例を私はいくらでも知っている。

 非常に気に入ったのは、パドル操作に対してメーター内のギヤポジション表示が即座に反応してくれる点だ。どういうことか? パドルを引いても、物理的にトランスミッションが変速されるまでにはどうしたってタイムラグが発生する。そして多くのクルマの場合、実際に変速を終えてからメーター表示が切り替わる。だから自分が入力したコマンドが受け付けられたのかどうかパドル操作の直後にはわからず、不安になって何度かパドルを引き直してしまう場合があるのだ。

 ルーテシアR.S.の場合、パドル操作と同時に表示が切り替わるから、受け付けられたことが視覚的にすぐにわかる。だから安心して実際の変速を待つことが出来るのだ。

 ほんの一瞬の出来事だが、こうした些細な部分の煮詰め方の違いが、スポーツカーとしての完成度を大きく左右する。このパドルシフトのマネージメントひとつ取っても、ルーテシアR.S.はサーキット走行というものを熟知した人間が仕上げたであろうと想像できるのだ。

 ただ、レッドゾーン手前でシフトアップを促すブザー音は必要ないだろう。メーター内で点滅するフラッシュだけで十分ではないか。あまりスポーツ走行に慣れていない人を同乗させた場合、無用な緊張感を与えてしまうかも知れない。

自動車業界の最新情報をお届けします!

関連キーワード


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る