MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/15
  • MotorFan編集部

スズキ・ワゴンRとダイハツ・ムーヴカスタム。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

ワゴンRvsムーヴカスタム トランク比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワゴンRスティングレー ハイブリッドT
ボディサイズに制限のある軽自動車だからこそ、決められた空間を最大限に活用するためのアッと驚くような工夫が凝らされている。ここでは、王道の「スズキ・ワゴンRスティングレー」と「ダイハツ・ムーヴカスタム」を比べて、各メーカーの技巧を探っていくとしよう。
ムーヴカスタム RS"ハイパーSAⅡ"

「スズキ・ワゴンR」は1993年に初代モデルが登場。17年にフルモデルチェンジされた現行型は通算で6代目となる。新プラットフォーム(HEARTECT)の採用による徹底した軽量化に加えて、ISG(モーター機能付き発電機)を搭載することで走行負荷が大きい場面をアシストし、燃費は最良で33.4km/L(JC08モード)を達成する。現行型では機能性のほかに、オーナーに愛着を持ってもらえるように3つの異なるデザインの外観を用意している点もユニーク(写真の車両はスティングレー)。

 対する「ダイハツ・ムーヴ」は1995年に初代モデルが登場し、現行型は14年にデビューした6代目だ。D‘sテクノロジーが余すところなく採用されており、基本性能が大幅に進化している。なお、パワートレーンは自然吸気とターボの2種類を用意。モーターによるアシストはないが、最良で31.0km/L(JC08モード)を達成する。ちなみに、ペダル踏み間違いによる誤発進抑制制御機能は前進だけでなく後退にも対応する(「ワゴンR」は前進のみ)。

 まずは、全体のサイズ比較から。

ワゴンRスティングレー ハイブリッドT 全長×全幅×全高:3395×1475×1650mm ホイールベース:2460mm ミラーtoミラー:1815mm

一見してスライドドア車のようにも見える特徴的な形状のBピラー、ホイールアーチを強調したサイドデザインで個性を表現。「HYBRID T」は5インチアルミホールを標準装備する。

ワゴンRスティングレー ハイブリッドT
全長×全幅×全高:3395×1475×1650mm
ホイールベース:2460mm
車重:800kg
エンジン:直列3気筒DOHCターボ
最高出力:64ps(47kW)/6000rpm
最大トルク:98Nm(10.0kgm)/3000rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:FF
最小回転半径:4.6m
JC08モード燃費:28.4km/ℓ
車両本体価格:165万8880円

ムーヴカスタム RS"ハイパーSAⅡ" 全長×全幅×全高:3395×1475×1630mm ホイールベース:2455mm ミラーtoミラー:1810mm

ムーヴカスタムは全グレードにブラックルーフの2トーンカラーをオプション設定。現行モデルから新設された「ハイパー」グレードは専用デザインの15インチアルミホールを備える。

ムーヴカスタム RS"ハイパーSAⅡ"
全長×全幅×全高:3395×1475×1630mm
ホイールベース:2455mm
車重:800kg
エンジン:直列3気筒DOHCターボ
最高出力:64ps(47kW)/6400rpm
最大トルク:92Nm(9.4kgm)/3200rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:FF
最小回転半径:4.7m
JC08モード燃費:27.4km/ℓ
車両本体価格:162万5400円

 ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

ワゴンRスティングレー ハイブリッドT 室内長×室内幅×室内高:2450×1355×1265mm

横一閃のデザインでワイド感を表現し、個性的な赤の加飾で上質感を演出。見晴らしの良さにも貢献するセンターメーターにはマルチディスプレイを備え、セーフティパッケージ装着車にはヘッドアップディスプレイも装備。
リヤシート高:660m 左右独立のスライド&リクライニング機構を装備。室内調を拡大した効果により後席のニークリアランスは最大で約370mmと大きく、頭上スペースも広い。
フロントシート高:590〜630mm 「HYBRID T」は赤のアクセントカラーが入ったファブリックシートを装備。一部グレードを除いて運転席シートヒーターやトリフターも標準装備されている。

ムーヴカスタム RS"ハイパーSAⅡ" 室内長×室内幅×室内高:2080×1320×1280mm

抑揚の効いたインパネデザインは新型ワゴンRと好対照。「ハイパー」グレードはグロッシーブラッククロスの加飾を備え、上質感を高めている。メカニカルなデザインの二眼メーターと多機能なマルチディスプレイも装備。
リヤシート高:630mm スライド機構の調整幅は240mmと新型ワゴンRよりも大きいが、実測した後席ニークリアランスは最大でも約260mm。前後の広さではワゴンRに分がある。
フロントシート高:560〜600mm 「ハイパー」グレードは本革ファブリックを組み合わせ、個性的なシルバーステッチを施したコンビシートを装備する。運転席シートヒーターはオプション設定。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る