MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. レクサス|LEXUS
  4. ES

ブランド誕生時から歴史を創り上げてきた基幹モデルが日本市場にデビュー。本日行なわれた発表会の模様も速報! 【速報】未来感抜群! 世界初のミラーレス量産車、新型レクサスESが日本で発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

レクサスは10月24日、フラッグシップLSとともにブランド初期からラインアップされていた歴史あるモデルESの新型を発表。同日から全国レクサス店を通じ発売を開始した。

 レクサスESは上質な乗り心地や静粛性、広い室内空間といった魅力で米国市場をはじめとする各国の市場で好評を博してきた。かつてはトヨタ・ウインダムとして日本市場でも販売されていたが、レクサスESとしては今回の7代目が日本で初めて販売されることになる。

 新型ESは、原点と言える「上質な快適性」をさらに進化させるべく、低重心なGA-Kプラットフォームを採用。流麗かつ引き締まったエクステリアと広く快適な室内空間を両立したほか、新世代レクサス独自のコンセプトに基づく、ドライビングの高揚感とくつろぎの空間を融合したインテリアを実現している。さらに量産車として世界初採用のデジタルアウターミラーを備えていることも大きなトピックだ。

 GA-Kプラットフォームがもたらす重心の低さを最大限に活用し、走りを予感させるワイド&ローのプロポーションを実現。フロントピラーの後方配置やリヤピラーの傾斜で、まるでFRレイアウトのような流麗なノーズと引き締まったキャビンシルエットを実現した。

 インテリアはレクサスならではの人間を中心とした空間コンセプトに基づき、程よい包まれ感でドライビングの高揚感を高めるコクピットと、乗客がくつろげるゆとりある空間を融合させた。前席シートバックはステアリング操作がしやすいショルダー形状としたほか、ディスプレイやスイッチ類を操作時の姿勢変化や視点移動が少ないようにレイアウトしている。

 水平基調のインストルメントパネルからドアトリムまで連続する構成により、空間の広がりを表現。ドライビングポジションはペダル配置とステアリングの傾角や調整幅、シートのホールド性などを吟味し、細部にこだわった設計がなされた。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ