MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > 日産 > セレナ > 2018年序盤 ミニバンランキング|ヴォクシー? セレナ? 各車の売れ行き状況を振り返る
  • 2018/12/12
  • MotorFan編集部

2018年序盤 ミニバンランキング|ヴォクシー? セレナ? 各車の売れ行き状況を振り返る

2018年1月~4月ミニバン登録台数ランキング 10位まではどうだった!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
ほとんどのモデルが日本市場専用車となるミニバンは、消費者のニーズを徹底的にリサーチし寡占化されたマーケットで、少数のライバルたちが争うという流れがここ数年、続いている。最新の販売データでも、こうした同カテゴリーでの激しいシェア争いがはっきりと分かる結果となった。

1位・・・日産セレナ 3万9454台(1−4月 合計台数)

日産セレナ

2位・・・トヨタ・ヴォクシー 3万3974台(1−4月 合計台数)

トヨタ・ヴォクシー

3位・・・トヨタ・シエンタ 3万2584台(1−4月 合計台数)

トヨタ・シエンタ

4位・・・ホンダ・フリード  3万0789台(1−4月 合計台数)

5位 ・・・ ホンダ・ステップワゴン  2万3593台(1−4月 合計台数)

6位 ・・・トヨタ・ノア  2万0993台(1−4月 合計台数)

7位・・・トヨタ・アルファード 1万9270台(1−4月 合計台数)

8位・・・トヨタ・ヴェルファイア 1万6347台(1−4月 合計台数)

9位・・・トヨタ・エスクァイア 1万4994台(1−4月 合計台数)

10位・・・ホンダ・オデッセイ  6833台(1−4月 合計台数)

◆トヨタMクラス3兄弟は盤石

トヨタ・ヴォクシー

上のベスト10ではセレナにトップを譲ったものの、パワートレーンやプラットフォームといった基本を共通とするヴォクシー/ノア/エスクァイアの3台を合わせた1月〜4月の合計は6万9961台と圧倒的なものとなる。この台数は、ノートやアクア、プリウスといった総合ランキングでベスト3のモデルをも上回る。登録車販売台数争いの隠れた1位といってもいい存在だろう。

トヨタ・ノア

トヨタ・エスクァイア


トヨタ・ヴォクシー/ノア/エスクァイアが三者三様の個性的なマスクに大変身!

トヨタ、ヴォクシー/ノア/エスクァイアに車いす仕様車“タイプ3”(電動ウェルチェア+ワンタッチ固定仕様)を設定

◆ステップワゴンが復調

ホンダ・ステップワゴン

17年の前半までは、日産、トヨタのMクラスのライバル勢に差をつけられていたステップワゴンだが、昨年9月に行なわれたスパーダの外観モディファイとハイブリッドの追加により売れ行きが上昇。昨年上半期はミニバンランキングでもノアにも遅れを取りMクラス4位が定位置だったが、今年は3位の座を堅持している。


ホンダ・ステップワゴンに9月下旬、待望のハイブリッド車が追加される!

◆根強い人気のデリカD:5

三菱・デリカD:5

惜しくもベスト10圏外となったが、デリカD:5は今年に入っても堅調な売れ行きを示しており、3 月には1876台の登録を記録。ディーゼルの設定や三菱の四
駆技術に対する信頼感、SUVライクなディテールや他のMクラスミニバンでは見られないマルチリンク式リヤサスなどが、個性として評価されているのだろう。


新型三菱デリカD:5、予約注文を開始! 価格は約385〜425万円!

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る