MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. ニュース・トピック

2018年の1台を決める座談会 モーターファン編集部年末トーク2018(2輪編)「今年を代表する2輪はホンダ・スーパーカブ! という当たり前の結論に至るまでの葛藤」[1/2]

  • 2018/12/27
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

編集長K モーターファン編集長。4輪誌編集長も兼務。無類の車輪好き。クルマ1台、バイク4台を保有。

2輪担当編集A モーターファン2輪部門リーダー。2輪誌編集歴15年。小型バイクへの愛情過多。

技術担当編集M 技術担当編集として2輪から4輪まで辛口に評価。大型オフロードバイク保有。

司会:編集Y 4輪誌編集部にも所属。バイクの免許は持っているがペーパーライダーの門外漢。

2018年の2輪業界をモーターファン.jp的に総括してみよう

編集Y 今年の2輪業界はどんな年でしたか?
編集長K 2016〜17年にかけては排ガスのユーロ4適応があっていろいろあったけど、今年は大きなニュースがなかったような気がするな。
2輪編集A とはいえユーロ4規制を乗り越えて、ヤマハSR400やセロー、カワサキW800が復活してきたのは18年のうれしいニュースです。名車Z1の再来とも言えるZ900RSから続く流れですね。

→W800に関する記事

→Z900RSに関する記事

編集Y ほかにもスズキ・カタナなんかも印象的でしたね。しかし、W800とかZ900RSはなんで復活したんですか? オマージュ的なものですか?
編集長K 日本のバイクは名車があっても、ずっと昔の基本設計を踏襲したまま作り続けてきたモデルが多かった。ところが、このところ欧州メーカーがヘリテージ、オーセンティック系のモデルをアグレッシブに展開してきて、それが人気になった。
2輪編集A デザインもモダンクラシックな感じで結構市場が盛り上がりましたね。
編集長K 欧州にもスーパースポーツ疲れみたいなのがあったんだな。一方で日本のバイクメーカーにはきちんとした歴史的モデルがあるのに、デザインや走りにおいてアップデートせずに売り続けていた傾向が強かった。2006〜08年にも排ガス規制の変更があって、もちろんその対応も大変だったんだけれど、今回のユーロ4への変更はさらに気合いを入れて作らなきゃいけなかった。それを機にヘリテージ、オーセンティック系を気合い入れて作ったら人気が出た……まとめるとそんな感じかな。
2輪編集A トライアンフにも似たようなのがあるけど、カワサキはホンモノの空冷だったり、いろいろ頑張りましたね。
編集Y この前、珍しく2輪の取材に立ち会ったのですが、最近日本にも入って来たインディアンなんかも、見た目はサイドバルブ風だけどOHVだったり中身は最新でした。そういうリバイバル的な演出は流行っているんですかね。

→インディアンに関する記事

編集長K Z900RSなんかは色とかデザインが昔風なだけで、乗った感じは最新モデルだもんね。W800は空冷だったりして本格派だから、今年の傾向が単なるオマージュとくくることはできない。きちんと商品企画が適材適所で考えているなという印象だ。
2輪編集A ユーザー側もそれを柔軟に受け止めている節がありますね。

技術編集M とはいえ、今年出たバイクはまずマーケットありきのものばかりだった気がしています。たとえばカタナが昔人気だったから新しいカタナを作って、ZシリーズがあったからZ900RSを出して、モンキーが人気だったから125を出したり。そういうマーケットインの商品ばかりでした。日本2輪メーカーは本来、世界をリードするはずであるべきでしょう。今の日本メーカーの技術力を持ってすれば、もっと画期的なものを作れるはずなのに、あまり技術チャレンジが見られなかったのは残念です。
編集長K そうかなあ。今年はヤマハNIKEN(ナイケン)とホンダ・ゴールドウィングが出たんだけど。NIKENは前2輪のスポーツバイクだし、ゴールドウィングはフロントサスをダブルウイッシュボーンにしたり、すごい挑戦があったと思うけど。

→NIKENに関する記事

→ゴールドウィングに関する記事

技術編集M たしかにそういうバイクもあるけど、クルマで言うミニバンみたいな“売れるから作る”バイクが多過ぎでしょう。今年は1988年頃にあったような雰囲気や気概がないですよ。なにかしら出力とか性能でこだわりを感じるものがなかった。
編集Y 商品企画が勝ちすぎてしまったってことですかね? 怒りが収まらないようなので次の話題にいきましょう。
2輪編集A 個人的に今年はCB125Rが印象深かったかな〜。最初はこんなの誰が買うんだろうって思ったけど乗ったらよかった。他にも250R、1000Rとかもあるんですけど。

→CB125Rに関する記事

→CB250Rに関する記事

→CB1000Rに関する記事

技術編集M (写真を見て)結構カッコイイじゃないですか。これは昔のヤマハSDRみたいなもんですね。
2輪編集A こういうのは輸入車に任せればいいのにと最初は思ったんですが、いざ乗ったら原付(二種)とは思えないくらい、こんなにちゃんと走れるなんて、と感激しました。125ccのミッション車は空冷が主流の中、水冷でかなり本格的なスポーツバイクでしたね。
編集長K 125ccなのにシート高が815mmもあったりして、いろいろ突き抜けているよね。
2輪編集A このクラスが軒並み30万円台なのに、CB125Rは約45万円だから結構高いんですけどね。
編集Y これなら技術編集Mも納得?
技術編集M たしかに、みんな良く出来たバイクですよ。でも国産4社はやっぱり世界のトップレベルであって欲しかったんです。パッションとかじゃなくて技術で。
編集Y まだ怒ってる。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ