MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > BMW > 3シリーズ > BMW 320i(SE)F30型3シリーズ前期型を5年間7万2000km走って、平均燃費は何km/ℓだったか?
  • 2018/12/28
  • MotorFan編集部 鈴木慎一

BMW 320i(SE)F30型3シリーズ前期型を5年間7万2000km走って、平均燃費は何km/ℓだったか?

BMW320i(SE)2013年モデル

このエントリーをはてなブックマークに追加
BMW320i(SE)2013年モデル 新車当時の価格は399万円だった。
BMW3シリーズのベーシックモデル、320i(SE)の2013年型に乗って丸5年。クルマを買い換えるか車検を通すかで悩んでいる筆者が、この5年間のBMW320iの燃費についてレポートする。
TEXT&PHOTO◎鈴木慎一(SUZUKI Shin-ichi)

モデルサイクル末期(F30型)を狙うか、モデルチェンジ(G20型)を待つか。BMW 3シリーズの場合は?

 間もなく新型(G20型)に切り替わるBMW3シリーズ。言わずと知れたBMWの中核モデルである。現行のF30型が日本で発売されたのは、2012年の1月なので、国内では7年間のモデルライフということになる。
 筆者の3シリーズは、2013年のモデルラインアップでもっともベーシックな320i(SE)というグレード(現在のもっともベーシックなグレードは318i(SE)1.5ℓ3気筒エンジン搭載車だ)。
「そのメーカーでもっとも重要なモデルのベーシックグレード」が一番コストパフォーマンスが高い、と考えて購入したのが、この320i(SE)だった。いわゆる快適装備はかなり省かれているが、エンジン、トランスミッション、もちろんボディやサスペンションの構造は上級グレードと同じ。ならば、価格が安い方がいい、という考えだった。

エンジンカバーを外したN20型2.0ℓ直4直噴ターボ
カバーの下にはインジェクターを覆うように発泡材の消音材があるのだが、それでも静かと言えない。

 エンジンは、N20型2.0ℓ直列4気筒直噴ターボを搭載。トランスミッションは、ZF製8HP(8速AT)だ。エンジンは、F30型後期モデルでは、N20型から現在のモジュラーエンジンであるBシリーズ(1.5ℓ直3がB38、2.0ℓ直4がB48、3.0直6がB58)に切り替わっている。エンジンの総合的な性能は、もちろん最新のB型のほうが上だろうが、B型にはモジュラー化にともなうコストダウンが随所に見られる分、エンジンの出来としてはN型の方がいい、と個人的には思っている。トランスミッションの8HPは、やはり素晴らしい。
 
 問題は、BMW320iはガソリンエンジンのくせに、やややかましいのである。直噴インジェクターの噴射音(バルブ駆動音)は、けっして静かとはいえず、同乗した編集スタッフやライター諸氏から「これってディーゼルですよね?」と何度も訊かれている。

トランスミッションは名機ZFの8HP。

BMWの2ℓ直4ターボの進化度合いは? 320iの新旧パワーユニット比較 N20 vs B48

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る