MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/05
  • 「東新宿交通取締情報局」

新春早々、オービス撤去情報3連発! <その2>中央自動車道のオービスは、すべて「レーダー探知機無効」のループコイル式に!【交通取締情報】

中央道のHシステムが、ついに全滅全撤去!

このエントリーをはてなブックマークに追加
在りし日の中央道下り229.4kpのH。現在はアーチだけが残っている状態だ。
Hシステム撤去の嵐の中、中央自動車道からついに、Hシステムが姿を消した! これで中央道の固定式オービスは全機ループコイル式となり、全て「レーダー探知機無効」となったわけだ!!

レーダー探知機の過信は、禁物!

☆撤去オービスDATA
場所:長野県上伊那郡飯島町七久保
道路:中央自動車道
方向:下り
キロポスト:229.4KP
種類:Hシステム
制限速度:80km/h

 中央自動車道を東京、長野方面から小牧方面へ、伊那ICを過ぎ駒ヶ岳SAの先、約5.4km先に設置されていた2連Hシステム撤去された。左コーナーを抜けた先に突然、姿を現すという危険オービスのひとつだったが、ここもまた、やむを得ず、Hシステム撤去の嵐に、飲み込まれてしまったのだ。

 これで、中央自動車道は旧型ループコイル式(L型)12機とLHシステム5機、計17ヵ所という布陣に。言うまでも無く、レーダー探知機は効かない。ま、昨今のレーダー探知機はほとんどGPS機能を備えているので、警告は発してくれるが、くれぐれも聞き逃すことのないように。東京都内のL型はほとんどダミーと思われるが、山間を走ることの多い高速道路なだけに、特に視界の効かない夜間は注意して欲しい。

 とにかく、年末に北海道の3機が撤去され、さらにこのほど長野道で撤去されたオービスもHシステムと、当分、Hシステムの撤去が段階的に進められていくことは間違いない。2019年、果たしてレーザー式新型固定オービスが増殖するのか。今年も当サイトをお見逃し無く!

オービスの種類解説や最新オービス情報は、こちら!⇑

Hシステムの正体は、こちら!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る