MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/03
  • 「東新宿交通取締情報局」

新春早々、オービス撤去情報3連発! <その1> 長野道のお騒がせHシステムが、ついに消えた!【交通取締情報】

年始ドライブは追い越し車線に、注意!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LHが新設された約半年後に、ユニットに白いカバーがかけられ、沈黙を守っていたのだ(2018年5月撮影)
一昨年、「世界初のWオービス出現?」と物議を醸し出した長野道のお騒がせHシステムが、この冬、ついに完全撤去された。これで正真正銘の新設LHとの世代交代となったわけだが、そのLHはどう見ても追い越し車線だけの一車線狙い。もちろん向きが変ることはあり得るが、いずれにしても戦力ダウンであることは間違いないんですけど、それでいいんですかね?

新設LHシステムは、単機追い越し車線ネライ!

☆撤去オービスDATA
場所:長野県塩尻市片岡
道路:長野自動車道
方向:下り
キロポスト:11.8KP
種類:Hシステム
速度測定方式:レーダー式
制限速度:100km/h

 一昨年、既設のHシステムはそのままに、わずか50m先に一車線狙いのLHシステムが新設された、長野道下り、塩尻IC先の11.8KP。その後、Hシステムのレーダー及び撮影端末に白いカバーがかけられたところを見ると(写真参照)、LH新設当初からHシステムは稼働していなかったものと思われるが、そんなことする手間とヒマがあるんだったら、なんで思い切って撤去しなかったのだろうと、みんな疑問に思っていたハズ。結局、完全な世代交代に1年半かかったことになる。ま、長野県警にもいろんな事情があったのだろう。

 とにかく、これでこのポイントは名実ともにLHシステムの追い越し車線ネライとなったわけだが、いい意味で捉えれば、追い越し車線を延々と走ること自体違反なわけで、警察がスピード違反と通行帯違反に同時に抑止をかけたとも言える。とりあえず、年始ドライブ中は、走行車線をのんびり走ることを心がけましょう!


Wオービス出現時の模様は、こちら!

世にも奇妙な「運用停止」オービスはこちら!
オービスの種類解説や最新オービス情報は、こちら!⇑

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る