MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/06
  • 「東新宿交通取締情報局」

新春早々、オービス撤去情報3連発! <その3>レーダー式オービス全滅街道まっしぐら!【交通取締情報】

残存するほとんどが、とっくにダミー化の噂もあり!

このエントリーをはてなブックマークに追加
富山県の旧型レーダー式オービス(R型)が撤去された。これで全国に残るはわずか29機。耐用年数もとっくに過ぎているはずなので、今年は全滅へのカウントダウンがさらに加速する可能性大だ!

反対車線でレーダー探知機を使えば、ダミーか否かがわかる場合あり!

☆撤去オービスDATA
場所:富山県高岡市西藤平蔵
道路:国道156号線
方向:南行き
機種:R型オービス
速度測定方式:レーダー式
制限速度:50km/h

 富山県の国道156号線、高岡市西藤平蔵で、砺波方面を捕捉していた旧型レーダー式オービス(R型)が、跡形もなく撤去された。

 これで全国に残存するレーダー式オービスは29機。元々、製造メーカーである三菱電機と松下通信工業が製造からとっくに撤退している上に、残存するオービスのほとんどが、耐用年数を超えていると思われる。さらに、警察の固定式オービスによる取り締まりの方向性が、レーザ式とループコイル式に向かっている以上、Hシステムを含めた、レーダー式オービスは全数撤去への一途を辿るのみだ(生活道路対応型移動可能なオービスであるセンシスSSSは除く)。

 ちなみに、R型に限らず、オービスは稼働していなくてもそこに存在するだけで、速度抑止力を果たすことができる以上、全数が姿を消すかどうかは不明。R型はHシステム同様、レーダー探知機に反応しなければ稼働していないと見ることも出来るが、GPS機能による位置情報の警告が優先されるので、本来のレーダー波探知機能が働いているのかどうかがわからない。そんな場合は反対車線で鳴るかどうかを確認しよう。電波は放射状に拡散するので、逆方向でも捕捉することができるからだ。


オービスの種類解説や最新オービス情報は、こちら!

あえてダミー化し速度抑止に貢献しているオービスの話題は、こちら!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る