MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 交通取締情報局
  3. オービス情報

新規? それとも後日撤去? 警告板残存の理由を探る! 続・新年早々、オービス撤去情報!撤去されたのに警告板が残存する、上信越道の自動速度取締機、Hシステムの怪! 【交通取締情報】

  • 2019/01/09
  • 「東新宿交通取締情報局」
このエントリーをはてなブックマークに追加

上信越道下り、更埴IC手前のアーチに設置されていたHシステムが姿を消した。が、なぜか不要なはずの事前の2枚の警告板は撤去されずにそのまま残っていた!

LH、あるいはレーザー式オービス登場の可能性もあり?

在りし日のHシステム(2018年5月撮影)。
約4km手前と約2km手前に設置されている警告板はそのまま放置!

☆撤去オービスDATA
場所:長野県千曲市屋代
道路:上信越自動車道
キロポスト:117.3KP
方向:下り
機種:Hシステム
速度測定方式:レーダー式
制限速度:100km/h

  通常、オービスが撤去されると、同時に事前の警告板もすべて撤去される。もちろん、例外もあるが、ここは、既設オービスはそのままにすぐ近所にLHを新設したり、警告板をそのまま放置したりしている(長野道/国道19号線)、ちょっとエキセントリックな長野県(長野県警)のおひざ元。一体どんな意図があるのか、探ってみよう。

 まず、考えられるのは、近いうちに新規オービス(LH、あるいはレーザー式?)が登場するのではないか、ということ。撤去されたHシステムのアーチがそのまま流用できるうえ、設置位置が同じなら警告板もそのまま流用できる。Hのメンテナンス限界が来たために、とりあえず、2018年度予算を使って、先に撤去し、国(警察庁)の2019年度予算(高速道路と国道のオービス設置は国(警察庁)の所管)が下りるまで待って新設しようというつもりなのかも。

 あるいは、最近流行の警告板だけ残しておいて「スピード抑止効果」を狙ったということもありうる。もちろん、単純に撤去予算執行のタイミングの問題で、後日、撤去する可能性も十分にある。いずれにしても、その答は近々、判明するだろう。

 続報に、乞う、ご期待! 

エキセントリックな長野県警の所業は、こちら!

旧型レーダー式オービスの行く末は、こちら!

オービスの種類解説や新設&撤去情報は、こちら!⇑

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ