MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/18
  • MotorFan編集部

トヨタ・スープラと2000GT、どれだけ似ているか〈TOYOTA SUPRA & TOYOTA 2000GT〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
 新型スープラを見ていて、クオータウィンドウのかたちが2000GTに似ているなと思った。そうしたらやっぱり、あちこちでそれらしき言及や指摘があった。ならば実際に比べてみたらどうかと試してみた。

新型トヨタ・スープラに接近遭遇10cm。そこから見えたA90スープラの中身。

 RWDのクーペである。この手のクルマをわざわざ仕立てて市場に投入させたという意義をとにかく賞賛したい気分だ。ありがとう、トヨタ。

 そんな感慨に耽りながら写真を眺めていたら、とても丸みを帯びたルーフと鋭く切り飛ばしたようなクオータウィンドウの対比に目がいった。なんかコレ、どこかで見た記憶がある組み合わせだなと思い出してみたところ、トヨタ2000GTだったことに気がついた。そうしたらカースタイリング編集長の記事や、豊田章男社長のプレゼンテーションなどでも、2000GTとの関連性をうかがわせるような記述やスピーチがあり、やはりと思った次第である。

 ともに直列6気筒のRWD、2座のクーペというところが共通項。これだけ?と思うのもよし、しかし2019年現在に(BMWという強力なパートナーに恵まれたからこそ、ではあるが)直6をわざわざというところに、われわれクルマ好きはシンパシーを覚えるのだ。

トヨタ2000GT。全長4175×全幅1600×全高1160×軸距2330mm。車重は1120kg。奇跡のようなクルマである。
新型スープラ。全長4380×全幅1865×全高1295×軸距2470mm。車重は1520kg。
参考までに、トヨタFT-1。全長4675×全幅1970×全高1225×軸距2740mm。車重は1320kg。

 2000GTのキャビンってとんでもなく後ろにあるな、スープラは思ったよりコンパクトなイメージだな、FT-1って大きかったんだなと、こうして比べてみるとわかる。せっかくだから同一スケールにして並べてみよう。

 基準は前軸。FT-1が少々上から眺めている画像なのは残念だが、相対的なサイズの違いはおわかりいただけるだろう。

 3車を並べると、スープラのコンパクトさが際立つ。2000GTとスープラのヒップポイントは画像で見る限りほぼ同じ位置で、それに対するFT-1のリヤアクスルはずいぶん後方にあったんだと気付く。また、2000GTのフロントウィンドウ下端がずいぶんうしろにあること、だけど上端はさほど後方でもなく、つまりウィンドウが案外立っているデザインだったのだ。加えて、強烈なラウンド形状にも驚きである。

 それにしてもスープラ、コンパクトだな……86とどれくらい違うんだろう……。そう不安になって(?)こちらも調べてみた。

 

トヨタ86(画像はサイオンFR-S)。全長4240×全幅1775×全高1285×軸距2570mm。重量は1430〜1490kg。

 またもや前軸基準で。なんだ、あまり変わらんじゃないか。ホイールベースなんてこっちのほうが長いのか。そんなことにあらためて気がついた。

 2台のプロポーションは似通っているものの、キャビンと後軸の位置の違いが興味深い。そしてこれまた、クオータウィンドウの形状も似ている。このときは2000GTのことは思い浮かばなかったな……。

 ハイパワーパワートレインにショートホイールベース、そしてRWD。果たしてどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、試乗がとても楽しみである。


【新型デビュー直前!】トヨタ・スープラの「SUPRA」ってどういう意味?〈歴代セリカXX&スープラを振り返りつつ〉

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る