MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/17
  • ニューモデル速報

RFより前にもあった、マツダ・ロードスタークーペ

クローズドボディの流麗フォルムは4機種用意されていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オープンモデルとはひと味違ったクーペフォルムが魅力のロードスターRF。しかし、ロードスターのクーペモデルは過去にもあったのです。

 NBロードスターをベースに開発されたロードスタークーペが、受注生産というカタチで販売されたのは2003年の10月。マツダの100%子会社で、福祉車両などの特装車を手掛けるマツダE&T社の少量生産モデル開発技術の活用により、実現しました。

 ロードスタークーペではクローズドボディの開発にあたり、車体構造から見直しを行ない、ロードスターよりもボディ剛性を高める一方で重量アップは10kgにとどめたと謳われています。

 このロードスタークーペは、3タイプ4機種がラインナップされていました。それぞれどんなモデルだったかというと……

・ロードスタークーペ(1.6L/5速MT) ・Type S(1.8L/6速MT)

ロードスターと同一のベーシックなフロントデザイン。

・Type A(1.8L/6速MT)

伝統的なレースカーを思わせるオーセンティックなデザイン。

・Type E(1.8L/4速AT)

落ち着きがあるエレガントなデザイン。

 というものでした。Type Eはそのネーミングやスタイルから、明らかにジャガー・タイプEをイメージしたものでしょうね。

Type Aのインテリア。内装面では特に特別な装備というのはなかった。
こちらはType E。ツートンカラーがエレガントさを引き立てる。

 ちなみに当時の車両本体価格は

・ロードスタークーペ:235万円
・Type S:275万円
・Type A:310万円
・Type E:280万円

 というものでした。今に至るまで、このロードスタークーペが唯一の完全クローズドボディのロードスター(なんだかヘンな言葉ですが)。そうした意味ではロードスター史に残る1台と言えるでしょう。ちなみに中古車情報サイトを見ると、まれに市場に出回っています。「クローズドロードスター」という希少車のオーナーになるチャンスはありますぞ。

こちらは「東京オートサロン2004」に出展された、マツダロードスタークーペTS Concept(参考出品車)。
週末にはクラブマンレースに参戦し、帰りにはカフェで仲間と語らう……というコンセプトの元つくられたライトスポーツエンスー向けの究極のコンセプトモデル。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る