MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. 新車情報

V10登場10周年を記念したR8の限定車が登場!

  • 2019/03/04
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディがV10エンジンを搭載したR8を発売して、今年でちょうど10年となる。それを記念した世界限定222台のスペシャルモデルが誕生した。

 アウディがV10エンジンをミッドシップに搭載したR8を発売したのは2009年初頭で、今年10周年を迎える。このV10エンジン10周年を記念して、限定モデルのAudi R8 V10 Decenniumが発売されることになった。Decenniumとはラテン語で“10年”を意味している。

 エクステリアには専用色のデイトナグレイ マットエフェクトを採用し、フロントスポイラー、サイドシル、ディフューザーはグロスブラックで、精悍な印象に仕上がっている。

 マットブロンズ仕上げの20インチのホイールが組み合わされ、さらにシャープを増した。デイトナグレイ マットエフェクト以外にも、デイトナグレイ パールエフェクト、スズカグレイ メタリック、フローレット シルバーメタリック、ミトスブラック メタリック、アスカリブルー メタリック、ケモーラグレイ メタリックも用意されている。

 インテリアはグロスカーボンファイバー製のインレイが装備され、セレクターレバーとステアリング、センターアームレストなどはブラックを基調に仕上げられ、コッパーカラーのステッチが施されている。またセンターコンソールやドアにはDecenniumロゴが装着される。このロゴは特殊な粉末を使用して、数千分の1mm単位での粗面化処理が施される。これはアウディが特許を取得している部分マット仕上げだ。ドアを開けるとプロジェクターライトがDecenniumロゴとシリアルナンバーを地面に投影するという仕掛けも内蔵されているのだ。

 R8は昨年秋にマイナーチェンジが発表されたばかりだが、この限定車はその新型R8と同時に発売される。マイナーチェンジではバンパーやシングルフレームグリルなどのデザインを一新され、新たな表情が与えられた。5.2LのV10NAエンジンも「クワトロ」が540psから570psへ、「パフォーマンスクワトロ」が610psから620psへとパワーアップされている。

 ちなみに限定車のR8 V10 Decenniumは620psの「パフォーマンスクワトロ」がベース。世界限定222台で価格は22万2000ユーロ。発売は欧州で2019年春から行われるが、日本への導入時期や価格は未定だ。
 

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ