MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/14
  • 「東新宿交通取締情報局」

自動速度取締機、オービスの撤去が再加速! ついに壊滅、長野県のHシステム!!  その1【交通取締情報】

第1弾! 国道19号線塩尻市内!

このエントリーをはてなブックマークに追加
一時は県内に8機(高速道路含む)のHシステムを擁し、H帝国と呼ばれていた、長野県。これまでに長野道、上信越道のHが撤去され、さらに中央道、そして、なんと、国道19号線の5機が昨年秋から冬にかけて、一斉に姿を消した!

現時点では代替えなし!

☆撤去オービスDATA
場所:長野県塩尻市宗賀正
道路:国道19号線
方向:南行き
機種:Hシステム
速度測定方式:レーダー式
制限速度:50km/h

 撤去されたのは、塩尻市街から国道19号線を中津川方面へ向かう途中の宗賀地区で、南行き車線を狙っていた、Hシステム。が、ここもまた、Hシステム撤去の嵐に飲み込まれ、撤去を余儀なくされたわけだが、現時点では代替えはなし。ほぼ直線、さらに道幅も広いため、スピードが出やすい環境だけに、今後、LHシステムが登場する可能性は否定できない。

 事実、昨年春、同じ国道19号線の木曽町、南木曽町のHシステム設置ポイントには、それぞれ手前にLHシステムが新設されている(当時、Hシステムは撤去されずに運用停止中とWオービス状態)。この路線は、全般的に制限速度が実勢には合わない50km/hとなっているだけに、スピードの出しすぎにくれぐれも注意!

次回は木曽の不思議なWオービスのその後を、レポート!

最新交通取り締まり情報&オービスの種類解説は、こちら!⇈

上信越道のHシステム撤去の話題は、こちら!
撤去されても

再設置!?

中央自動車道の新設情報は、こちら!
現地速攻!

弾丸取材!

木曽の不思議なWオービスの話題は、こちら!
長野県国道19号上下線。

そこはまさにオービス実験場!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る