MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ルノー|RENAULT
  4. メガーヌ

先代ルノー・メガーヌR.S.トロフィーRを3秒も上回るスーパータイムを叩き出した! ニュル北コース最速マシン、メガーヌR.S.トロフィーRが鈴鹿サーキットで驚異の2分25秒454を記録!!

  • 2019/11/27
  • GENROQ編集部 石川 亮平
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュルブルクリンク北コースの量産FF車最速タイムをシビックタイプRから奪還し、ベルギーのスパ・フランコルシャンサーキットで量産FF車の最速記録も続けざまに打ち立てた新型メガーヌR.S.トロフィーR。今、勢いに乗るルノー・スポールがついに日本の聖地、鈴鹿サーキットでトロフィーRのタイムアタックを行った。

REPORT◉石川亮平(ISHIKAWA Ryohei)
PHOTO◉ルノー・ジャポン

 外気温は約10℃、ルノー・スポール・テストドライバー、ロラン・ウルゴンがドライブするメガーヌR.S.トロフィーR(以下トロフィーR)が静寂を切り裂くほどのエキゾーストノートを奏でながら、最終コーナーを立ち上がってくる。一瞬でストレートを駆け抜けた。

 ラップタイムは2分25秒454。静寂は歓声に変わり、ルノー・スポール、ルノー・ジャポンのスタッフ、そしてメディアから割れんばかりの拍手が沸き起こった。2014年11月に先代トロフィーRが鈴鹿サーキットで記録した2分28秒465を3秒以上縮める、好タイムだ。

ステアリングを握るのはルノー・スポール、テストドライバーのロラン・ウルゴン氏だ。
 ご存知の方も多いと思うが新型トロフィーRは、2019年4月にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでFF量産車最速タイム7分40秒1、そして7月にはベルギーのスパ・フランコルシャンサーキットで同じくFF量産車最速となる2分48秒338を記録している。

 11月26日に行われた鈴鹿サーキットでのタイムアタックは偉大な2大サーキットに続く3番めのアタックとなった。

なんと後輪操舵システムの4コントロールも排除されている!

専用デュフューザーを採用することで4コントロールなしでも高速時のスタビリティを確保することに成功した。

 ここでトロフィーRの概要をおさらいしておこう。トロフィーをベースとするトロフィーRは、ルノー・スポールが最も速いFF量産車を命題に威信をかけて開発した車両だ。リヤシートや消音材、リヤワイパーは取り払われ、フルカーボンボンネットや薄型ガラス、7インチタッチスクリーン(通常のモデルは8.7インチ)の採用、そして驚くべきはメガーヌR.S.のキモともいえる後輪操舵の4コントロールも外されていることだ。これにより約130kgの軽量化に成功している。

 1.8Lターボエンジンのアウトプットはトロフィーと同じく300ps/400Nm(MTモデル)だ。

リヤシートは取り払われている。もちろん2人乗りだ。
軽量化を突き詰めるため、フルカーボンボンネットを採用する。

 リヤタイヤを操舵することで(低速走行時は逆位相、高速走行時は同位相)抜群の回頭性と高速時のスタビリティを確保している4コントロールを取り払った意図が気になったのでルノー・スポールに問いてみた。

「トロフィーRは、高いパフォーマンスを持った最速FF量産車でなければならない存在です。サーキットでタイムを削るには軽量化が最も効果的でした。4コントロールを排除することで約35kgの軽量化に貢献しています。4コントロールを排した代わりに、フロントフロアをフラット化し、新たに専用のリヤディフューザーを採用することで、高速域のスタビリティを確保しているのです」

世界限定30台に設定されるカーボンフォルム仕様。極めてレアなカーボンホイールを採用しているのが特徴だ。1本あたり2kgの軽量化を実現している。
 ちなみにトロフィーRは4コントロールだけでなく、4輪ハイドロリック・コンプレッション・コントロール(HCC)も採用されていない。足まわりは16mmの車高調整が可能なオーリンズ製車高調が入れられている。新型メガーヌR.S.で採用されたJTEKT製LSDはロック率を変更することなくトロフィーRにも採用されている。

 実は今回のアタックに先駆け、今年2月、ルノー・スポールはプロトタイプを持ち込み、鈴鹿サーキットでテストを行っていたという。その時、アドバイザーとして協力を仰いだのが日本を代表するトップドライバー谷口信輝選手だ。鈴鹿を知り尽くす谷口選手と卓越したテクニックを持つロラン・ウルゴン氏のタッグにより、今回のスーパーラップが実現したといっても過言ではない。

ロラン・ウルゴン氏とアドバイザーを務めた日本のトップドライバー谷口信輝選手により、スーパーラップが達成されたと言っても過言ではない。
 さて、気になるトロフィーRの発表だが、2020年1月の東京オートサロンにて正式発表されることが決定している。世界限定500台のうち日本には50台ほど導入されるそうだ。ちなみにカーボンホイール、セラミックブレーキを採用した特別仕様のトロフィーR「カーボンセラミックパック」は、約30台生産され、日本の割当は4台ほどとのこと。予想価格は700〜800万円台後半か? 即完売が予想されるので、欲しい人は今からディーラーに相談したほうがいいだろう。

史上最強のルノー・メガーヌR.S.トロフィーに乗り、筑波で本気を出してみる|スポーツカー試乗記@サーキット

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで市販車FF世界最速タイムを更新した車両に限りなく近いスペックを持つルノー・メガー...

あわせて読みたい

ニュル最速を争う2台でまったり木曽路を走ってみた───実燃費も明らかに 〈ホンダ・シビック タイプR & ルノー・メガーヌR.S.カップで妻籠宿と馬籠宿を目指す700kmロングドライブ〉

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでFF市販車最速の座を争っているシビック タイプRとメガーヌR.S.で、あえてのんびりま...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

東京オートサロン2020

東京オートサロン2020 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ