Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. フォレスター

グランツーリスモの資質あり! スバル・レヴォーグ&フォレスター、同じ1.8ℓ水平対向4気筒直噴ターボ搭載モデル 710km走って燃費を比べてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
左がスバル・レヴォーグSTI Sport EX 車両本体価格○409万2000円、右がスバル・フォレスターSPORT 車両価格○328万9000円

スバルの最新ボクサーエンジン、CB18型1.8ℓ直噴ターボを搭載するレヴォーグとフォレスターを710kmのロングドライブに連れ出した。能登半島からスバル本社(東京・恵比寿)まで、どちらがグランツーリスモの素養が高かったか? 両車の燃費も比較してみた。

エンジンはともに新開発の1.8ℓ水平対向4気筒直噴ターボ。インタークーラーの位置はおなじみのエンジン直上。

スバルの1.8ℓボクサーエンジン、CB18型は最新技術を詰め込んだ意欲作である。現在、CB18型を搭載するのは、レヴォーグとフォレスターだ。

今回は、レヴォーグSTI Sport EX(車両価格409万2000円)とフォレスターSPORT(車両価格328万9000円)という2台のCB18型搭載モデルをロングドライブに連れ出した。

ⒸGoogleMaps
行程は
金沢駅〜輪島〜七尾〜氷見を通って富山市街〜北陸自動車道〜上信越自動車道〜藤岡JCT〜関越自動車道〜大泉JCT〜東京外環自動車道〜美女木JCT〜首都高速〜高樹町出口〜スバル本社

で、GoogleMaps上では692kmとなっている。

同じエンジンを積んだレヴォーグとフォレスターのキャラクターの違いについては、こちらのレポートをご覧になっていただきたい。

スバル・レヴォーグ&フォレスター CB18型1.8ℓ水平対向4気筒ターボ搭載モデルを710kmロングラン。そのキャラクターに違いはあるか?

第2世代レヴォーグに合わせて新開発されたCB18型、1.8ℓ水平対向4気筒直噴ターボエンジンがフォレスターにも搭載された。日常...

あわせて読みたい

レヴォーグが積むCB18型もフォレスターのそれも、スペックは同一だ。

型式:CB18
形式:水平対向4気筒DOHCターボ
排気量:1795cc
ボア×ストローク:80.6mm×88.0mm
圧縮比:10.4
最高出力:177ps(130kW)/5200-5600rpm
最大トルク:300Nm/1600-3600rpm
燃料供給方式:筒内直接噴射
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン


1.8ℓターボ過給エンジンとしては最高出力は抑えめ。そのぶんをトルクに振り分けたトレンドに則った、ライトサイジング過給エンジンだ。

スバルの1.8ℓリーンバーンターボ「CB18型」とはどんなエンジンか? 新型レヴォーグ搭載の新エンジンは最新技術が詰まった完全新規開発だ(前編)

間もなく登場するスバルの新型レヴォーグには、完全新規開発の1.8ℓ水平対向4気筒リーンバーンターボが搭載される。型式名は「...

あわせて読みたい
エンジン 型式:CB18 形式:水平対向4気筒DOHCターボ 排気量:1795cc ボア×ストローク:80.6mm×88.0mm 圧縮比:10.4 最高出力:177ps(130kW)/5200-5600rpm 最大トルク:300Nm/1600-3600rpm 燃料供給方式:筒内直接噴射 使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

トランスミッションもスバル自慢のチェーン式CVTであるリニアトロニックで、こちらもCB18型に合わせた最新ユニットを組み合わせている。
ギヤ比:4.065~0.502
最終ギヤ比:3.900
ともに共通だ。

タイヤはレヴォーグが 225/45R18 YOKOHAMA Ice GUARD iG60
フォレスター 225/55R18 YOKOHAMA Ice GUARD G075

試乗車の装着タイヤは、ともにヨコハマのスタッドレスタイヤ、Ice GUARDだった。
サイズは
レヴォーグ:225/45R18 (外径660.2mm)
フォレスター:225.55R18(外径705.2mm)

したがって、エンジン出力、ギヤ比が同じでも100km巡航時のエンジン回転数はレヴォーグの方がやや高い。メーター目視で
レヴォーグ:1650rpm強
フォレスター:1550rpm
だった。
新しいリニアトロニックのノイズ対策が行き届いていることもあって両車とも車内はとても静か。エンジン回転数が高めになるレヴォーグの方がより静かなのは、ボディ剛性がレヴォーグの方が構造的に高くなっているからだろうか。

高速巡航時のエンジン回転数はタイヤの外径が小さいレヴォーグの方が高め
新リニアトロニックのギヤ比はレヴォーグ、フォレスターで同じ。最終減速比も同一だ。

モード燃費の比較もしておこう
スバル・レヴォーグ STI Sport EX
WLTCモード:13.6km/ℓ
市街地モード10.0km/ℓ
郊外路モード14.5km/ℓ
高速道路モード15.3km/ℓ

スバル・フォレスターSPORT
WLTCモード:13.6km/ℓ
市街地モード10.3km/ℓ
郊外路モード14.3km/ℓ
高速道路モード15.2km/ℓ
とほぼ同じだ。
エンジン出力、ギヤ比、そして車重(フォレスターSPORTが1570kg、レヴォーグSTI EXが1580kg)もほぼ同じだから当然と言えば当然だ。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ