プレイバック! 東京オートサロン2022【LAGER CORPORATION】

スーパースポーツ×アメ鍛=最新トレンド? 【LAGER CORPORATION:東京オートサロン2022】

東京オートサロン2022、ラガーコーポレーションの出展ブース
新鮮さと郷愁とが同居したかのようなレトロシリーズRS1。これが戦闘機のようなボディを優美に引き立てている。サイズはフロント9.5J×20インチ、リヤ13.5J×21インチ。
2年ぶりに開催された東京オートサロン2022。今回も魅力的かつ個性的なメイクスが多数出展され、クルマ趣味の多様性と可能性を存分にアピールしていた。ここでは会場で見かけた多くの出展から、GENROQ Webが厳選したモデルを紹介していく。

アメリカン鍛造ホイールが定番アイテムに

東京オートサロン2022、ラガーコーポレーションの出展ブース
本項で取り上げた4ブランド以外にもrotiform(ロティフォーム)などラガーコーポレーションが取り扱うアメリカン鍛造ホイールは多い。色やサイズ、フィニッシュなどをオーダーメイドできる体制が整う。

多彩な表情を武器にしながら、色味やサイズなど柔軟なオーダーメイドも可能とするアメリカン鍛造ホイール(アメ鍛)は、スーパーカーカスタムには欠かせないキーデバイスとなった。それを一過性のブームに終わらせず、ここ日本で定着させた功労者のひとつがラガーコーポレーションかもしれない。グループ関係にあるボンドグループと歩みを共にして多種多様なアメリカン鍛造ホイールブランドのインポーターを務めてきた。

アヴェンタドールを、さらに刺激的に

東京オートサロン2022、ラガーコーポレーションの出展ブース
装着される「ADV510 Advance MV2」はフロント9.5J×20インチ、リヤ13.5J×21インチ。光り輝くフルミラーポリッシュが、マンソリーのボディパーツと調和している。

今年の東京オートサロンにも、勢いみなぎる多種多様なアメリカン鍛造ホイールがあった。アヴェンタドールの究極的なモデルであるSVJに投入されたのは、老舗HREと同じファクトリーで生産されるウルトラハイエンドなブランド「ANRKY(アナーキー)」だ。銘柄はレトロシリーズのRS1。戦闘機のように凄みのあるボディに対して、ポリッシュリムにポリッシュドガンメタという色味を持ってきた意外性がいい。

同じくポリッシュ系ホイールで引き立てたのがブルーのアヴェンタドール Sだ。こちらは「最高峰の切削加工技術によって、最先端にデザインを生み出す」と訴えるADV.1ホイールである。今ではmomo&WELDグループの中の最高峰ブランドに位置付けられるブランドで、今回は5本のツインスポークからなる「ADV510 Advance MV2」が装着された。

優美に彩るフェラーリのスペチアーレ

東京オートサロン2022、ラガーコーポレーションの出展ブース
刃物のようにシャープなスポーク形状が特徴的。その造形を引き立てるように、スポーク天面をブラッシュドスモーク、側面をポリッシュスモークとして色味や質感を違えている。

2台のアヴェンタドール勢と拮抗するようにして展示されたのが、同じく2台のフェラーリだった。いずれもV8ミッドシップフェラーリに伝統的に用意されるホットモデル、今回は488 ピスタである。いかにも488ピスタらしい、真紅とレーシングストライプの個体に対してチョイスされたのは1221ホイール「1221 AP2x VIP」というもの。

リムに向かって突き刺さるようなシャープなデザインに、立体感あふれるリヤのコンケーブ形状など、その造形美が見ものだ。アメリカの巨大サプライヤーであるAPP社から供給される高品質な鍛造素材を使い、オーダーメイド体制できめ細かい切削加工を施す1221ホイールの技術力と、それを日本でコーディネートしたボンドカーズのセンスを感じさせる。

東京オートサロン2022、ラガーコーポレーションの出展ブース
この488 ピスタのサイズはフロント9.5J×21インチ、リヤ12.5J×22インチという堂々としたもの。リムエンドぎりぎりにまで到達するスポークは、さらにホイールを大きく見せる。

もう1台の488 ピスタもまたユニークな仕上げ。イノゼテックサンドカラーのラッピングや、ノビテックやカプリストのカーボンパーツが加わった個体に対して、AL13ホイール「DB017」が組み合わされた。AL13ホイールが発足したのは2012年だが、最近になって日本への本格的な導入が始まった。特に切削加工の技術に長けていて、他では見られないような独創的なデザインが並ぶ。この488 ピスタのような個性的な装いにはピッタリで、ポリッシュカラーが抜群に似合っていた。

このようにスーパーカーを自在に引き立てるハイエンドなアメリカン鍛造ホイールは、そのどれもが、カスタムカーカルチャーの憧れとなるような圧倒的な存在感があった。それはハズし技でもなんでもなく、もはや“本流”と呼べるほどの力強さを感じさせた。

REPORT/中三川大地(Daichi NAKAMIGAWA)

【関連リンク】
・LAGER CORPORATION 公式サイト
http://www.lager.co.jp/

ランボルギーニ アヴェンタドール S ジャパン リミテッド エディションのフロントビュー

日本のために作られたランボルギーニ! わずか7台の特別なアヴェンタドールが上陸

ランボルギーニが日本のためだけに製作した「アヴェンタドール S ジャパン リミテッド エディ…

著者プロフィール

中三川大地 近影

中三川大地