「Honda Racing THANKS DAY2022」に30周年を迎えた歴代タイプRとNSXが大集合!クルマとバイクのチャンピオンが勢揃い!

2022年11月27日(日)にツインリンクもてぎで開催された「Honda Racing THANKS DAY2022」は、ホンダが参戦するクルマ、バイクを問わないモータースポーツの各カテゴリーのマシン、レーサーが勢揃いし、さまざまなコンテンツで2022年を締めくくる一大イベントだ。そして、今回はホンダの「タイプR」30周年を記念したイベントもコンテンツに加わった。

2022年11月27日(日)にツインリンクもてぎで開催された「Honda Racing THANKS DAY 2022」。同イベントはホンダが参戦するモータースポーツのクルマ、バイク、オンロード、オフロード、国内外を問わず、様々なカテゴリーのマシンとレーサーが大集合。開催当日は好天にも恵まれ多くの来場者が訪れ大盛況となった。

勢揃いしたホンダのマシンで参戦するレーサーたち。中央前列には本田技研工業会長の倉石誠司氏とHRC社長の渡辺康治氏も並ぶ。

 シリーズ誕生30周年!「TYPE R HAPPY 30th Birthdayオーナーズパレード」

ホンダコレクションホール所蔵の歴代タイプR(NA型NSX/DC2型インテグラタイプR98spec/FN2型シビックタイプR)

2022年は1992年にホンダが初代NSXに初めて「タイプR」を設定してからちょうど30周年にあたる年。そのアニバーサリーに、Honda Racing THANKS DAY 2022内で記念イベント「TYPE R HAPPY 30th Birthdayオーナーズパレード」が開催された。

最初のタイプRである初代NSXから9月に発売されたばかりの新型シビックタイプRまで、11モデルが勢揃いしツインリンクもてぎのフルコースでパレードランを実施。しかも先導するのはホンダコレクションホールが所蔵する歴代タイプRで、ステアリングを握るのは現役F1ドライバーだ。

先導車を駆ったF1ドライバーは以下のとおり。
FL5型シビックタイプR:マックス・フェルスタッペン選手(レッドブル)
NA2型NSXタイプR:セルジオ・ペレス選手(レッドブル)
FN2型シビックタイプR:ピエール・ガスリー選手(アルファタウリ)
DC2型インテグラタイプR(98spec):角田裕毅選手(アルファタウリ)
さらに特別ゲストとして、スーパーGTでNSXを走らせるBUSOU Drago CORSEチームの監督・道上龍氏がNA1型NSXタイプRに乗車した。
国際レーシングコースを愛車でF1ドライバーと走る……参加したタイプRには素晴らしい思い出となったことだろう。
また、歴代のタイプRシリーズの走行シーンを一挙に見ることができたのは貴重な機会。これだけのタイプRが集まりサーキットを走る姿は圧巻だ。

パレードの先頭はNC型NSXのセーフティカー。

生産終了のNSXも大活躍!フェルスタッペン選手へのサプライズとは?

NSXタイプSと言えば、2021年にホンダエンジンに1991年のアイルトン・セナ選手以来30年ぶりのチャンピオンをもたらしたオラクル・レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン選手は、2022年シーズンもチャンピオンを獲得して2年連続の戴冠。さらにオラクル・レッドブル・レーシングはコンストラクターズチャンピオンも獲得し、ダブルタイトルとなった。

マックス・フェルスタッペン選手を中央にHRC社長の渡辺康治氏と本田技研工業会長の倉石誠司氏でポーズ。

そのF1連覇のお祝いとして、ホンダからマックス・フェルスタッペン選手にサプライズでプレゼントが用意された。
プレゼントされたのはホンダが誇るスーパーカー・NSXタイプS。まさに生産終了したばかりの限定モデルだ。ボディカラーはレーシーなカーボンマットメタリック。

メインストレートでNSXタイプSを受け取ったマックス・フェルスタッペン選手は、早速コクピットに収まるといきなり全開加速! タイヤから白煙を上げて1コーナーへと走り去った。
1周してピット前に戻りクルマを降りるや興奮も冷めやらぬ様子。NSXタイプSをかなり気にいったようだ。

GT500マシンと市販車が混走するエキジビジョンレース

N-0NEオーナーズカップカーとシビックタイプR、NSXのGT500マシンが並ぶ。

Honda Racing THANKS DAY 2022では参加したレーサーがレッドチームとブルーチームに別れ、いろいろなエキジビジョンレースで得点を競うイベントも行われていた。中でもGT500マシンとシビックタイプR、N-0NEオーナーズカップカーが混走するレースは見どころの一つ。1チーム合計4台のマシンを4人のドライバーが交代してリレー形式で競う。マシンの走行順はチームが決めており、N-ONEとGT500マシンが同一コース上を走ることも。

シビックタイプRとARTA NSX-GTでレーススタート!

交代シーンではエンタテインメントな演出も交えつつ最後はNSX-GT同士の対決となり、ほぼ1周をテールトゥノーズ、サイドバイサイドで走り観客を沸かせてくれた。
レースに出走したドライバー陣はスーパーGTの各チームのレギュラーを基本に、ゲストとしてF1ドライバーの角田裕毅選手(アルファタウリ)やインディ500ウィナーの佐藤琢磨選手もステアリングを握る豪華な顔ぶれだ。

チーム国光のスタンレーNSX-GTを駆る牧野任祐選手、山本尚貴選手と談笑する佐藤琢磨選手。

2022年のスーパーGT・GT500クラスに出走するNSX陣営は5チーム。Honda Racing THANKS DAY 2022にはその5チームが集い、GT500のNSX-GTをすべて間近に見ることができる貴重な機会となった。
さらに、ゼッケン99を付けたHRCの開発車両も持ちこまれていたが、これは滅多に見ることができない貴重な1台だ。
Honda Racing THANKS DAYはホンダファンのみならずスーパーGTファンにも見どころの多いイベントと言えるだろう。

ピット前に並ぶHRCとチーム国光のNSX-GT

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部