インド市場向け新型「アルト」が発売!【マルチ・スズキ】

スズキ自動車は、同社のインド子会社マルチ・スズキ・インディア社(マルチ・スズキ社)は8月18日、新型「アルト」の発売について発表した。

「アルト」シリーズは、1983年に生産開始したマルチ・スズキ社の第一号車「マルチ800」として登場して以来、モデルチェンジを繰り返して長年生活を支えてくれているコンパクトカーだ。スズキを代表するモデルの一つとして多くの顧客が愛用しており、その人気はインドでも著しく、2022年7月末までのインド国内におけるシリーズ累計販売台数は700万台にまで達していた。

新型「アルト」は、主にエントリーカーやセカンドカーを求める幅広い年齢層の顧客に使用してもらえるように、内外装ともにシンプルで愛着のわくデザインに仕上げられた。エクステリアは、大型のヘッドライトとグリルを採用し、丸みを帯びた親しみのある顔つきになり、流れるルーフラインで、よりモダンな印象に。インテリアには、グレー基調にベージュのアクセントカラーを採用し、コンパクトカーながら広々とした空間を演出した。また、ショルダールームやレッグスペースを延長することで、快適性や乗降性を向上。荷室の容量も+32Lとなる214Lを確保し、実用性も申し分ない広さとなった。

パワートレインは、軽量・高剛性のプラットフォームに1.0Lガソリンエンジンを搭載することで、優れた低燃費と扱いやすい走行性能を実現した。また、オートギヤシフト(AGS)仕様を追加し、高コストパフォーマンスとドライバーの利便性を両立させた。

■新型「アルト」の主要諸元

  • 全長3,530mm×全幅1,490mm×全高1,520mm
  • エンジン:1.0Lガソリン
  • トランスミッション:5MT/AGS

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部