MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/09/13
  • MotorFan編集部

【フランクフルトモーターショー2017】ポルシェ911GT3 ツーリングパッケージ、発表

あの911Rに続く、控えめなアピアランスをもつGT3。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Porsche 911 GT3 Touring Package
ポルシェは、911Rに続く”控えめなレンシュポルト”、911GT3ツーリングパッケージを、フランクフルト・ショーで突如、初公開した。まさに羊の皮を被った狼、第二章である。

ポルシェは、フランクフルト・モーターショーにおいて、「911GT3 ツーリングパッケージ」をワールドプレミアした。このモデルは、いわゆる往年の名車“73カレラRS”を彷彿とさせるもので、控えめな外観ながらも、レンシュポルトならではの刺激的かつ、サーキットにも耐えうるパフォーマンスを披露する。同時に、911Rの続編とも言えるモデルだ。

ボディはリヤ側を除けば従来の911 GT3と同一。専用に設計されたフロントエンドの大型エアインテークや911 GT3モデル特有のエアアウトレットをラゲッジコンパートメントリッド前部に備え、フロントとリヤのライトなども同じ。しかし、リヤ周りは、従来のGT3に備えられた大型リヤスポイラーを外し、911カレラと同様の構造をもつスポイラーに置き換えたうえで、ボディ同色に塗られたエアロダイナミックティアオフエッジ(ガーニーフラップ)を追加。リヤリッドグリルには、“GT3 touring”のロゴがあしらわれるなど、GT3ほどの派手さはないものの、ほど良い主張が見られるのが特徴だ。GT3の名を冠するだけに、ホイールはセンターロック式鍛造軽合金製を装備。ボディサイズがGT3そのままゆえ(911カレラよりも44ミリワイドなリヤトレッド)、大型のリヤスポイラーを備えないことから、独特のアピアランスを生み出している。

インテリアはマニュアルトランスミッションを装備しているだけに、往年のスポーツカーの雰囲気だ。上質なレザーが広範囲に使用され、12時の位置にマーカーの付いたステアリングホイールリムを装備するほか、シフトレバー、ドアパネルアームレスト、センターコンソールの収納ボックスリッド、インナードアハンドルなどスムース仕上げのレザーで覆われている。

パワートレインとシャシーは、従来の911 GT3と共通。4ℓ水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、ポルシェがこれまでに開発した公道仕様の水平対向エンジンで最大の総排気量、そして9000rpmまで回る高回転ユニットを積む。最高出力は500ps、最大トルク460Nmを発生し、0-100km/h加速は3.9秒、最高速度は316km/hを実現する。そのほか、6速マニュアルトランスミッションに、機械式リアディファレンシャルロック(PTV)、そしてリヤアクスルステアなど、GT3にとって重要な装備は、そのまま採用されている。

会場には史上最強を誇る「911GT2RS」も展示。今回の911GT3ツーリングパッケージと共にレンシュポルトの存在感を存分にアピールしていた。

自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
大阪モーターショー