MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/10/23
  • 遠藤正賢

「I.D.BUZZ」や新型「ポロ」、「up! GTI」などジャパンプレミア8台を含む計9台を出品!【東京モーターショー2017・フォルクスワーゲン】

フォルクスワーゲングループジャパン、東京モーターショー2017の出展概要を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォルクスワーゲンI.D.BUZZ
フォルクスワーゲングループジャパンは10月16日、10月27日より11月5日まで東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」の出展概要を発表。東4ホールの同社ブースに、日本初公開の新型モデル8台を含む最新モデル計9台を出品することを明らかにした。
新型フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン
フォルクスワーゲンup! GTI

フォルクスワーゲン・ゴルフRパフォーマンス

このうち日本初公開で、かつ日本での発売が正式発表されていないものは、2022年からの生産が決定している、かつてのタイプ2を彷彿とさせる「I.D.BUZZ」、6代目となるBセグメントのコンパクトカー「ポロ」の上級グレード「TSIハイライン」、115ps・200Nmの1.0Lターボエンジンを搭載するAセグメントのホットハッチ「up! GTI」、ゴルフの超高性能モデル・ゴルフRのパフォーマンスをさらに磨き上げた「ゴルフRパフォーマンス」の4台。

フォルクスワーゲン・アルテオンR-ラインアドバンス
フォルクスワーゲンe-ゴルフ

フォルクスワーゲン・ゴルフGTE
フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDI

フォルクスワーゲン・パサートGTEアドバンス

そのほか、10月に日本仕様が発表されたばかりの最新モデルからは、CCの後継車に位置付けられるミドルラージ5ドアクーペ「アルテオン」のスポーティモデル「R-ラインアドバンス」、ゴルフのEV仕様「e-ゴルフ」、ゴルフのPHV仕様「ゴルフGTE」、パサートヴァリアントのディーゼル仕様「パサートヴァリアントTDI」を出品。さらに、パサートのPHV仕様「パサートGTEアドバンス」も展示される。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る