Mスポーツ・フォード、「プーマ ハイブリッド ラリー1」のドライバーにクレイグ・ブリーンを抜擢

フォード、2022年WRC開幕戦から新型ハイブリッドマシンを導入。ラリーも電動化の時代へ

Mスポーツ・フォード、ニューマシン「フォード プーマ ハイブリッド ラリー1」のドライバーにクレイグ・ブリーンを抜擢
フォード プーマ ハイブリッド ラリー1の走行シーン
世界ラリー選手権(WRC)において、フォードのワークスチームを運営するMスポーツ(M-SPORT)は、2022〜2023年シーズンのドライバーとしてアイルランド出身のクレイグ・ブリーンの加入を発表した。ブリーンとコ・ドライバーのポール・ネイグルは、2022年開幕戦モンテカルロから新規定マシン「フォード プーマ ハイブリッド ラリー1」での参戦をスタートする。

Ford Puma Hybrid Rally1

スペースフレーム+ハイブリッドの新規定

Mスポーツ・フォード、ニューマシン「フォード プーマ ハイブリッド ラリー1」のドライバーにクレイグ・ブリーンを抜擢
1997年の導入以来、WRCのトップカテゴリーを担ってきた市販車ベースのWRカーに代わり、2022年開幕戦からスペースフレーム+ハイブリッドの新規定「ラリー1」を導入。Mスポーツはそのドライバーに、クレイグ・ブリーンを抜擢した。

WRCは2022年シーズンから、従来のWRカーに代わってトップカテゴリーへ新規定の「ラリー1」を導入。ラリー1はスペースフレームシャシーを採用し、1.6リッターガソリンエンジンに100kWのモーターを組み合わせた、WRC史上初のハイブリッドラリーカーとなる。

現在WRCに参戦する、トヨタ、ヒュンダイ、Mスポーツ・フォードがラリー1規定のマシンを開発しており、Mスポーツはベース車両を従来のフィエスタから、コンパクトSUVのプーマに変更している。

今回加入が発表されたブリーンはアイルランド出身の31歳、今シーズンはヒュンダイからWRCに参戦していた。勝利こそないものの、エストニアとベルギーで2位表彰台を得ており、いつ初優勝してもおかしくないドライバーのひとりと言われている。ブリーンはすでに9月に英国・カンブリア州のグラベルロードで、フォード プーマ ハイブリッド ラリー1のテストを行ったという。

「ポールと共にMスポーツ・フォード・ワールド・ラリーチームに加入できたことを、とても嬉しく、そして誇りに思います。正直、WRCにおける僕らの道のりは長く、紆余曲折がありました。今回、モータースポーツ界で最も権威のあるブランドのラリーカーに乗り、WRCを戦うというゴールデンチケットを手にすることができました」と、ブリーンは喜びを語っている。

チーム4年ぶりのWRC勝利に期待がかかるブリーン

Mスポーツ・フォード、ニューマシン「フォード プーマ ハイブリッド ラリー1」のドライバーにクレイグ・ブリーンを抜擢
2018年のラリーGBで、セバスチャン・オジエが優勝して以来、勝利から遠ざかっているMスポーツ・フォード。期待のニューマシン、フォード プーマ ハイブリッド ラリー1で久々の勝利に期待がかかる。

2018年シーズンのラリーGB以来、勝利から遠ざかっているMスポーツ・フォードだが、ブリーンというスピードと勢いのあるドライバーが加入したことで、4年ぶりの勝利にも期待がかかる。Mスポーツのマネージングディレクターを務めるマルコム・ウィルソンは、ブリーンの加入に喜びを隠さない。

「私は10年以上前からクレイグの成長を見守ってきました。クレイグがMスポーツの様々なラリーカーで成長していくのを確認しています。今シーズンの彼は限定的なWRCプログラムにもかかわらず、素晴らしく安定した成績を残しています。今後の彼のパフォーマンスは注目に値するものです」

「私たちは数ヵ月前からチーム加入の可能性について話し合いをスタートしました。今回、彼が今後2シーズンにわたってチームを率いることを、正式に発表できて大変嬉しく思います。私たちはプーマ ハイブリッド ラリー1という素晴らしいマシンを持っており、クレイグとプーマがこれからのシーズンでチームに成功をもたらしてくれることを確信しています」

10月のスペイン・テストから本格加入

Mスポーツ・フォード、ニューマシン「フォード プーマ ハイブリッド ラリー1」のドライバーにクレイグ・ブリーンを抜擢
今シーズンはヒュンダイからWRCに参戦していたブリーンだが、すでにフォード プーマ ハイブリッド ラリー1をドライブ済み。本格的なチーム加入は、10月のスペインテストからとなる。

ブリーンは、10月に予定されているスペインでのグラベル&ターマックテストからチームに本格加入。ニューマシンが投入される2022年シーズン開幕戦モンテカルロのスタートまで100日あまりとなっており、これからプーマ ハイブリッド ラリー1の熟成を進めていくことになる。

「僕のキャリアは、フォード フィエスタ R2でジュニアWRCを制覇したことから始まりました。フォード フィエスタ S2000でSWRCタイトルを獲得したこともありますし、フォードは常に僕の心の中に存在しています。そしてWRCの歴史において、アリ・バタネン、ハンヌ・ミッコラ、コリン・マクレー、カルロス・サインツなど、フォードで活躍したドライバーのリストに自分の名前が加わることは、今でもちょっと信じられません」

「Mスポーツが僕の能力を信頼してくれたことに、身が引き締まる思いです。今はチャンピオンシップの開幕戦、ラリーモンテカルロのカジノ・スクエアに行くのが本当に待ち遠しいです」

ブリーンのチームメイトとなるMスポーツ・フォードのドライバーラインナップに関しては、今後追加発表される予定だ。

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部