北海道の「カミシホロホテル」がポルシェ タイカン 4Sの乗り放題プランを展開

ポルシェ タイカン 4Sが乗り放題! 北海道・カミシホロホテルがカーシェアプランを実施

カミシホロホテルの宿泊者が利用できる電動モデルのタイカン 4SとレクサスUX300e。
カミシホロホテルの宿泊者が利用できる電動モデルのポルシェ タイカン 4SとレクサスUX300e。
ルイス・ミッシェルは、北海道・上士幌町で運営する「カミシホロホテル」に、宿泊者限定のプレミアム電動モデル乗り放題プラン「カミシホロホテルカーシェアプラン」を導入。2022年4月15日から予約をスタートした。

電動モデルで上士幌町観光を満喫

「カミシホロホテルカーシェアプラン」で利用できる電動モデルのタイカン 4S。
このプランでは、チェックイン直後もしくは追加料金を支払うことで、帯広駅からタイカン 4Sなど電動モデルを使って自由に観光を楽しむことができる。

上士幌町は北海道のほぼ中心に位置し、町内観光はもちろん、道内の大自然やグルメを満喫するドライブ旅にぴったりの立地。そんな魅力的な旅を最高のクルマと過ごして欲しいという思いから、カミシホロホテル宿泊者限定のカーシェアプランが登場した。

今回、「カミシホロホテルカーシェアプラン」のために用意されたのは、ポルシェ タイカン 4SとレクサスUX300eのフル電動モデル2車種。これから行楽シーズンを迎える、大自然に囲まれた上士幌町を快適に楽しむドライブ旅の提案となる。

カーシェアは宿泊とともに予約が完了するため、チェックイン後すぐにクルマの利用が可能。チェックアウトも鍵を返すだけで完了となる。レンタカーのように店舗にいく必要がないことから、滞在時間いっぱいドライブを楽しむことができるという。

さらに「カミシホロホテルカーシェアプラン」は、帯広駅から上士幌町までの送迎付き。バスの乗り継ぎ時間を気にすることなくスムーズに到着することができる。また、追加料金(5000円)を支払えば帯広駅でのクルマの受け渡しもチョイスできるため、帯広周辺の観光を楽しんでからホテルにチェックインすることも可能だ。

最新ICTを活用したカミシホロホテル

北海道・上士幌町で2021年7月4日から開業している「カミシホロホテル」。
カミシホロホテルは、2021年7月4日に開業。スマートチェックインや顔認証システムなど、最新のICTを活用したスマートホテルとなる。

2021年7月4日に開業したカミシホロホテルのコンセプトは「小さな町の便利なホテル」。タブレット端末を使ったスマートチェックイン、客室入室時の顔認証システム、客室のデリバリーボックス設置など、ICT活用によるスマートで便利なサービスが特徴となる。町を楽しむための情報発信元として、地場産業の廃材を活用したアート展示や、上士幌町産の食材を使った朝食の提供も行っている。

カミシホロホテルのある上士幌町は、町内の約76%が森林という大自然の中にある町。日本一の公共牧場「ナイタイ高原牧場」をはじめ、町内では広大な自然を身近に感じることができる。また、上士幌町は北海道のほぼ中心に位置しているため、帯広・釧路・旭川など道東の主要な観光地にも1~2時間と好アクセスとなる。見渡す限り山々に囲まれた中をドライブするのは、それだけで日常から離れたリフレッシュ体験となるはずだ。

宿泊者はホテル滞在中、無料で最新の電動アシスト付き自転車や電動キックボードも利用可能。クルマがなくても郊外のお店に足をのばすことができる。

【プラン概要】
カミシホロホテルカーシェアプラン
利用期間:2022年4月29日から11月15日まで
利用価格:ポルシェカーシェアプラン/2万8800円~、 レクサスカーシェアプラン/1万8800円~
利用時間:チェックイン日の午前10時~チェックアウトまで
定員:各プラン1日1組
予約:カミシホロホテル公式ホームページより事前予約制

【関連リンク】
・カミシホロホテル公式予約サイト
https://kamishihoro-hotel.com

鉱山の地下を走行するポルシェ タイカン 4S クロスツーリスモ。

ポルシェ タイカン 4S クロスツーリスモ、地底深くから4000m超の山頂まで走破! 最大高度変化の世界記録を達成 【動画】

ポルシェ タイカン 4S クロスツーリスモが、ミシガンのイーグル鉱山からコロラドのパイクスピ…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部