[1ps=いくら選手権2021年夏] 新型ランドクルーザーは何位?国産最高パワーの日産GT-Rは?

抜群のコストパフォーマンスで登場したトヨタ新型ランドクルーザー。1ps=いくらだろうか?

いまは昔、日本車のエンジンにメーカーの自主規制があったときは最高出力は280psに天井があった。エンジン受難の時代に入りつつある現代であっても、いまや280psではTOP10ギリギリである。

とはいえ、高価なクルマに高出力のエンジンが搭載されているのは、ある意味当たり前。問題はコストパフォーマンスである。今回は、日本で買える国産車の1ps=いくら? 1Nm=いくら?選手権をお届けしよう。

高出力エンジンTOP10 2021年夏

まずは、現在国産エンジン高出力ランキングから。

いま国産でもっともパワフルなエンジンは、日産GT-R NISMOが搭載する600psの3.8ℓV6ツインターボエンジンだ。

第1位600ps 日産 VR38DETT型3.8ℓV6ターボ (日産GT-R)
第2位507ps ホンダ JNC型3.5ℓV6ターボ (ホンダNSX)
第3位481ps トヨタ 2UR-GSE型5.0ℓV8(レクサスRC F)
第4位422ps トヨタV35A-FTS型3.5ℓVターボ (レクサスLS500)
第5位405ps 日産VR30DDTT型3.0ℓV6ターボ (スカイライン400R)
第6位387ps BMW B58型直6ターボ (スープラRZ)
第7位355ps  日産VQ37VHR型3.7ℓV6 (フェアレディZ NISMO)
第8位320ps ホンダK20C型2.0ℓ直4ターボ (シビック タイプR)
第9位304ps 日産VR30DDTT型3.0ℓV6ターボ (スカイラインGT)
第10位272ps トヨタG16E-GTS型1.6ℓ直3ターボ (GRヤリス)

太字にしたものはターボエンジンである。2022年末で生産終了がアナウンスされたホンダNSXは3.5ℓV6ツインターボ(507ps)、ベースグレードが2420万円だから1ps=いくら?は
2420万円÷507ps=4万7732円となる。ちなみにNSXはハイブリッドスーパースポーツだから、システム最高出力582psで計算し直すと、1ps=4万1580円という計算だ。
(1ps=いくら? は、同じエンジンでもっとも価格の安いグレードで計算している)

1ps=いくら?2021年夏

2020年1月版のランキングでは

第1位 スバルWRX S4 1ps=1万1440円
第2位 フェアレディZ 1ps=1万1845円
第3位 スバルBRZ1ps= 1万1957円
第4位 スバルWRX STI 1ps=1万2786円
第5位 スイフトスポーツ1ps= 1万3357円

だった。スバルのWRXが生産中止となり、スバルBRZがフルモデルチェンジを受けた2021年のランキングはどうなっているか?

スズキ・スイフトスポーツは1ps=1万3389円!

第5位 スイフトスポーツ1ps= 1万3389円
第6位 スカイライン400R 1ps=1万3890円
第7位 スカイラインGT 1ps=14322円
第8位 CX-5 XD 1ps=14988円
第9位 シビック タイプR 1ps=1万7188円
第10位 MAZDA6 XD 1ps=17426円

トヨタ・スープラが搭載する3.0ℓ直6ターボエンジンは、BMW製である。

となっている。
11位以下はどうなっているかというと……

第11位 日産フェアレディZニスモ 1ps=1万8055円
第12位 マツダ・ロードスターRF 1ps=1万8694円
第13位 トヨタスープラRZ 1ps=1万8897円
第14位 日産GT-R 1ps=1万8997円

では、TOP4は?

スバルの新型BRZの最廉価グレードはS。価格は308万円だ。エンジンの最高出力は250ps

第4位 スバルBRZ 1ps= 1万3106円

新型ランドクルーザーのガソリンモデルは1ps=1万2289円

第3位 ランドクルーザー 1ps=1万2289円

第2位 トヨタGRヤリス 1ps=1万2132円

間もなくフルモデルチェンジを受ける日産フェアレディZ。大排気量高出力自然吸気エンジンを搭載するモデルは、このモデルが最後になる。

第1位 フェアレディZ 1ps=1万1845円

モデル末期のフェアレディZが1位の座をキープした。注目は3位の新型ランドクルーザー。ランク入りしたのは、3.5ℓV6ターボ(F35A-FTS型)の最高出力が415psに対して、最廉価グレードのGXの価格が510万円。同型エンジンを搭載するレクサスLS500の最廉価グレードが1073万円だから、半額以下という驚異のコストパフォーマンスだ。エンジン出力が250psにアップした新型スバルBRZも引き続き上位にランクされている。

1Nm=いくら?

今度は「価格÷最大トルク=1Nmいくら?」見てみよう。

新型ランドクルーザーが搭載する新開発3.3ℓV6ディーゼルの最大トルクは700Nmだ。

第6位 ランドクルーザー(ディーゼル) 1Nm=10857円
第7位 スカイラインGT 1Nm=10885円
第8位 フェアレディZ 1Nm=1万904円
第9位 スカイライン400R 1Nm=1万1843円
第10位 スバルBRZ 1Nm= 1万2320円

最大トルクは、ガソリンよりディーゼルエンジンの有利と思われがちだが、ディーゼル搭載モデルの価格はガソリンエンジン搭載モデルより高い。それでも新型ランドクルーザーのディーゼル搭載モデル(ZX 760万円)のコストパフォーマンスは高い。

11位以下は
第11位 クラウンB 1Nm=1万3413円
第12位 シビック タイプR 1Nm=1万3750円
第13位 トヨタスープラRZ 1Nm=1万4626円
第14位 トヨタスープラSZ-R 1Nm=1万5032円
第15位 アルトワークス 1Nm=1万5378円

となっている。

では、1Nm=いくら?選手権2021年夏のTOP4を見ていこう

第4位 スイフトスポーツ1Nm= 8150円

新型ランドクルーザーのガソリンモデルが搭載する3.5ℓV6ターボは、レクサスLS500と同じ型式のエンジンだ。最大トルクは650Nm

第3位 ランドクルーザー(ガソリン) 1Nm=7846円

第2位 MAZDA6(ディーゼル) 1Nm=7358円

いまもっとも1Nmあたりのコストパフォーマンスがいいのは、SKYACTIV-D2.2を搭載するマツダCX-5 XDである。


第1位 CX-5(ディーゼル) 1Nm=6661円

TOP4になると、1Nm=1万円以下になる。ここでも3位に新型ランドクルーザー(ガソリン)が入った。2位と1位は、マツダが誇る2.2ℓ直4ディーゼルターボであるSKYACTIV-D2.2搭載モデルが並んだ。

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン