MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/25
  • MotorFan編集部

新型マツダCX-8、2.5ℓターボと2.2ℓディーゼルの燃費を考えてみる。どっちが得か?

MAZDA CX-8がマイナーチェンジで2.5ℓターボが追加された!

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダは、人気の3列シートクロスオーバーSUVのCX-8を商品改良し、11月29日から発売すると発表した。ポイントは、2.5ℓ直4直噴ターボ搭載モデルの追加とGベクタリングコントロールプラスの採用だ。

 マイナーチェンジを受けたCX-8の最大のポイントは、北米のCX-9が搭載していた2.5ℓ直4直噴ターボのSKYACTIV-G 2.5Tを国内でCX-5に続いて搭載したことだ。またシャシーコントロール技術であるGベクタリングコントロールプラス(GVC Plus)も全車に標準搭載している。

 これでCX-8は、2.5ℓ直4ガソリン直噴エンジン(SKYACTIV-G2.5)と2.5ℓ直4ガソリン直噴ターボエンジン(SKYACTIV-G2.5T)、そして2.2ℓ直4ディーゼルターボ(SKYACTIV-D2.2)の3種類のエンジンが選べるようになった。トランスミッションは、マツダ内製の6速ATである。
 また、SKYACTIV-G2.5搭載車はFFのみ、SKYACTIV-G2.5Tは4WDのみ、SKYACTIV-D2.2は、FF/4WDを選ぶことができる。

SKYACTIV-G 2.5T

 さて、注目のSKYACTIV-G2.5Tのパワースペックは
最高出力:230ps(169kW)/4250rpm
最大トルク:420Nm/2000rpm
である。

 一方のSKYACTIV-D2.2は
最高出力:190ps(140kW)/4500pm
最大トルク:450Nm/2000rpm
となっている。

 では、3種類のパワートレーンの燃費を比べてみよう。基本は6人乗り、19インチタイヤ装着車としてみた。

25S PROACTIVE 19インチ 6人乗り FF
価格●325万6200円
車重1730kg
燃料タンク:72ℓ(レギュラー)

WLTCモード燃費:12.4km/ℓ
 WLTC市街地モード:9.8km/ℓ
 WLTC郊外モード:12.6km/ℓ
 WLTC高速道路モード:13.9km/ℓ

25T PROACTIVE 19インチ 6人乗り 4WD
価格●374万2200円
車重1860kg
燃料タンク:74ℓ(レギュラー)

WLTCモード燃費:11.6km/ℓ
 WLTC市街地モード:8.4km/ℓ
 WLTC郊外モード:11.7km/ℓ
 WLTC高速道路モード:13.8km/ℓ

XD PROACTIVE 19インチ 6人乗り 4WD
価格●392万5800円
車重1880kg
燃料タンク:74ℓ(軽油)

WLTCモード燃費:15.4km/ℓ
 WLTC市街地モード:12.5km/ℓ
 WLTC郊外モード:15.3km/ℓ
 WLTC高速道路モード:17.5km/ℓ

 おそらく迷うのは、2.5ℓガソリンターボか2.2ℓディーゼルか、だろう。ディーゼルのトルキーな走りと燃費、ガソリンターボエンジンならでは気持ちのよい噴けあがりと高回転まで伸びるエンジンフィール。どちらも捨てがたい魅力である。


マツダCX-8:3列目シートはさすがに国産高級ミニバンほど広くはないが、それでも「SUVの3列目」としてはトップクラスに快適

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る