MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/25
  • MotorFan編集部

マクラーレン新ハイパーGTのプロトタイプの名前は「アルバート」

マクラーレンF1の設計地にちなむ

このエントリーをはてなブックマークに追加
マクラーレン・アルバート
2020年からデリバリーが開始されるマクラーレン・スピードテールの開発テストにプロトタイプが投入された。

 マクラーレン・スピードテールは最高速度403km/h、1050psを誇るスーパーハイブリッドカーで、マクラーレンF1以来のセンタードライバーズシートレイアウトのハイパーGTである。その公道テストが12月から開始される。特性評価プロトタイプは、かつて英国サリー州ウォーキングのアルバート・ドライブで設計されたマクラーレンF1にちなみ、「アルバート」と命名された。
 
 まずはビスポークのオートモーティブ・テスト施設にて実施し、その後、公道でのテスト実施を予定している。テストプログラムは欧州、北米およびアフリカで実施予定。
 
 このプロトタイプは公式にはMVY02と名付けられるが、1992年に開発されたマクラーレンF1が設計されたアルバート・ドライブという地名に由来するという。ちなみに、このMVY0は、マクラーレンの通常のプロジェクト・イニシャルである「MV」に「Y0」を組み合わせたもの。Y0はCADのXYZ軸における横軸の中心点を意味している。

マクラーレン・スピードテール

 アルバートはもちろんプロダクションモデル仕様のスピードテールと同様のセンターシートレイアウトである。スピードテールのセンターシートが最初に公開されたのは、720Sに単一の中央配置のドライバーズシートを取り付けただけの「コンセプト検証用」モデルだった。その後、さらに4つの評価テストカーが製作され、これらのマシンは今後もプロトタイプとともに、世界中で実施されるパフォーマンスおよび耐久テストで使用されるほか、3シーターのコクピットへの乗り降りを含めた特性を検証するという。

 マクラーレン・オートモーティブ車両開発担当ヘッド、ベン・ギルバーは「実測でのテストの開始は、スピードテールの開発における大きな一歩です。パフォーマンスをフルに発揮できる、最初のプロトタイプである『アルバート』は、初期の開発車から継承されている貴重な開発過程がもとになっており、これにより、私たちは、シャシーのダイナミクスやブレーキ性能、ダンパーの調整、タイヤ、NVH およびエルゴノミクスや快適性などの車両特性を検証することができます。既に多くのテストが完了し、スピードテールは、史上最も偉大なマクラーレン・ロードカーになるべく順調に開発が進んでいます」と述べたという。
 
 生産台数106台はすべてオーナーが決定しているスピードテールは、2020年初の納車開始に向けて鋭意テスト中である。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る