MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 交通取締情報局
  3. TOPICS

「やらない」というのはウソだが、遭遇する可能性が下がるのは、ホント! 真相究明! 雨や雪の日は、ネズミ捕り(スピード違反取り締まり)をやらないってホント? 【交通取締情報】

  • 2019/03/06
  • 「東新宿交通取締情報局」
このエントリーをはてなブックマークに追加

厳しい寒さも峠を越え、これからはひと雨ごとに暖かくなる季節。ドライブシーズン到来に伴って、交通取り締まりも、さらに厳しくなる季節でもある。ただし、雨の日は別。特にスピード取り締まりへの遭遇率が極端に下がるという。おまわりさんも人の子、「雨に濡れたくないから」だからと、つい考えがちだが、それが本当の理由というわけではないはず。さっそく、真相究明といこう!

もっとも大きな要因は、実は「事故リスク回避」!?

 雨や雪の日にネズミ捕りの頻度が極端に少なくなるのは、「速度計測が正確に行えないから」という説がある。確かにレーダー(電波)や光電管(光)、そして移動オービスでおなじみのレーザー(光)などは、それぞれ雨や雪の影響で拡散したり反射したりする可能性がありそうだが、実は、ネズミ捕りで使用されているマイクロ波というレーダーに限っては、雨や雪、そして霧などには吸収されにくいという性質があり、それほどの計測誤差は生まれない。つまり「雨の日はやらない」決定的な理由とはならないのだ。

 では、光電管やレーザーはどうかと言えば、光というものは、空気中の雨滴や雪の密度が濃くなるにつれ、到達距離が短くなっていくという特性を持っている。光電管式は光電管そのもので速度を測っているわけではないので、その特性はあてはまらないが、少なくともレーザーは、雨や雪、そして霧の中では正確な測定は行いにくいことに間違いは無い。また、光電管式も2組の送光器と反射板により道路の2点(3m間)を光で遮蔽し、そこを通過するクルマの通過時間を測り速度を割り出しているため、例えば光が雨や雪によって屈折し、3mという距離が保てないことで、誤測定が発生することも考えられる。要は、どちらも影響を受ける可能性があるのだ。「速度計測が正確に行えないから」という理由は、確かにあてはまりそうだ。

 さらに、元々、これら光電管等の機器が、水分に弱いというのもひとつの要因になっているとも言われている。速度測定機器は、精密機械でもあるので、これも正解かもしれない。

 が、実は、1番大きな要因は、これ、「事故リスク回避」なのだ。確かに、ネズミ捕りにつきものの、「それなりのスピードで走ってくるクルマを停止させる」行為は、路面の濡れた荒天時では慌てたドライバーによる急ブレーキやハンドルの誤操作などが、事故を誘発しかねない。交通安全を目指すための交通取り締まりで事故続発なんてことになったら本末転倒。以前、荒天ではないものの、高速道路でのスピード取締中に、路肩に駐めた違反車に後続車が追突して死者が出るという悲惨な事故が起こり世間の非難を浴びた。その後、警察が高速道路でのネズミ捕りを暫く自粛したという経緯もある。交通警察の面目丸つぶれというわけだ。

 ただし、荒天だからといってネズミ捕りをやらないわけでは決してない。機器が濡れないような場所、例えば高架下やトンネルの出入り口などで、取り締まりを行っている光景を見かけると言うのも事実。警察の本音はどうあれ、ただでさえ事故率が上がる荒天時こそ、普段より注意力をアップさせれば、自ずとネズミ捕りにひっかかる可能性も下がるというものだ。

最新交通取り締まり情報やオービスの種類解説は、こちら!⇑

✴️レーダーや光電管による速度測定法は、こちら!

光電管かレーダー式か

路肩のパイロンに注意!

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ