MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/02
  • MotorFan編集部

ジュネーブで「GRスープラGT4 Concept」がワールドプレミア!!

市販レーシングマシン開発を通じて「もっといいクルマづくり」を推進。

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタは3月7日から開催されるジュネーブショーで、スープラをベースとしたFIA GT車両「GR Supra GT4 Concept」を世界初公開すると発表した。

 市販レース車のカテゴリーにも投入されることが明言されていた新型スープラ。ちょうど1年前のジュネーブショーでレーシングカーコンセプトマシンとして初お目見えしたのだが、今年はFIAが規定するGT4レギュレーションに沿ったものとして製作された車両が展示される。

 この「GR Supra GT4 Concept」は、TOYOTA GAZOO Racing初のグローバルモデル「GR Supra」をベースとしたレーシングスタディモデルのひとつとして製作。新型スープラを活用したカスタマーモータースポーツの可能性を検討するために、トヨタの欧州モータースポーツ活動拠点であるトヨタモータースポーツ有限会社(Toyota Motorsport GmbH)が開発を担当した。

 GT4は欧州や米国でも人気を博しているカスタマーモータースポーツカテゴリーであり、市販車に改造を加えたレース仕様車をエントラントが購入、スーパー耐久シリーズやVLN(ニュルブルクリンク耐久シリーズ)など世界中のさまざまなレースに参戦できる。

 このコンセプトカーは、市販車状態からさらなる軽量化を実施。ロールケージ、サスペンション、ブレーキ、リヤウイングなどの競技専用部品を装着している。

 今シーズンは、NASCARエクスフィニティ・シリーズに加え、ニュルブルクリンク24時間耐久レース(SP8Tクラスを予定)に新型スープラが参戦。2020年シーズンはSUPER GTのGT500クラスにもレクサスLCに代わって参戦する計画だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る