成長続く北欧市場に、ランボルギーニが世界179店目の販売拠点を開設

ランボルギーニ、販売好調を受けてネットワークを拡充。179拠点目を北欧にオープン

ストックホルム・ショールームのオープンを記念して、100名を招いたオープニングセレモニーが開催された。
ランボルギーニは、ストックホルム・ショールームのオープンを記念して、100名を招いたオープニングセレモニーを開催した。
アウトモビリ・ランボルギーニは、スウェーデン・ストックホルムに新たなショールームをオープンした。ランボルギーニは全世界で179のディーラーを展開しており、ストックホルム・ショールームはEMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)エリアで74拠点目となる。

スウェーデンでの2拠点目はストックホルムに

ランボルギーニのストックホルム・ショールームが展開する充実の設備。
ランボルギーニはスウェーデン初のショールームをマルメにオープン。その好調を受けて、首都ストックホルムへの進出を決めた。

ランボルギーニは南部のマルメに最初の販売拠点を開設しており、マルメでの成功を受けて、スウェーデンの首都に2番目の拠点を設けることを決定。どちらのディーラーも、スウェーデンにおける高級車/スーパースポーツ専門小売グループの「セムラー・プレミアム(Semler Premium)によって運営される。

有力顧客など100人以上が招待された公式オープニングイベントにおいて、アウトモビリ・ランボルギーニのEMEA地域ディレクター、フランチェスコ・クレシは次のように祝福のコメントを贈っている。

「過去10年間、スカンジナビア市場は強いランボルギーニ・ブランドへの熱意により、確実な成長を続けてきました。今回の新ショールームオープンは、ランボルギーニにとって重要な一歩となります。スウェーデン2番目のディーラーは、今回披露したウラカン テクニカをはじめ、スーパースポーツやスーパーSUVを展示可能な広々としたショールームを備えています」

抜群のアクセスを誇る新ショールーム

ストックホルムにオープンした、ランボルギーニの新規ショールーム。
新たなショールームは、ストックホルム中心部だけでなく、ストックホルム・アーランダ国際空港からの良好なアクセスも確保されている。

ストックホルムの新ショールームとアフターセールスセンターは、ストックホルム北部の高速道路「E4」沿いに位置し、ストックホルム中心部からだけでなく、ストックホルム・アーランダ国際空港からもアクセスしやすい場所にある。

セムラー・プレミアムのカントリーマネージャーを務めるヨハン・マーテンソンは、北欧市場はランボルギーニにとって大きなポテンシャルを秘めていると説明する。

「ストックホルムにオープンした新たな拠点は、スカンジナビア市場への投資の始まりに過ぎません。この地域では、ランボルギーニに対する需要が高まっています。この新しいショールームによって、オーナーだけでなく、潜在的なオーナー予備軍に、直接ランボルギーニを体験していただけます」

アド・ペルソナムの専用スタジオを併設

ランボルギーニのストックホルム・ショールームが展開する充実の設備。
ショールーム内にはランボルギーニのパーソナライゼーションプログラム「アド・ペルソナム」の専用スタジアムも設けられた。

424平方メートルの広大なショールームは、カーエンスージアストが心から満足できるよう設計された。ショールームに隣接するランボルギーニ認定サービスセンターは、この地域のオーナーに完全なアフターサービスを提供する。

ランボルギーニ公式トレーニングを受けたエキスパートが、ランボルギーニの新車と中古車を幅広く案内。カスタマイズプログラム「アド・ペルソナム」専用スタジオでは、世界中に存在するあらゆる色調を再現できるカラー、レザー、カスタムステッチ、カーボンファイバーなどのマテリアルを組み合わせ、自分だけのランボルギーニを作り出すことができる。

「ストックホルムのショールームで私たちが目指しているのは、現在そして未来のランボルギーニ・ファンのために、究極の“目的地”をつくり出すことです。ここでは、ランボルギーニの素晴らしいスポーツをじっくりと鑑賞することもできますし、将来の夢のクルマを実現するためのインスピレーションを見つけることもできるでしょう」と、マーテンソンは付け加えた。

アウトモビリ ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマンCEO

ランボルギーニはイタリアで一番環境に優しい企業!? 2年連続でサステナブル賞に輝いた謎

ドイツの研究機関が厳格な評価基準に基づきサステナブルな企業を選出する「グリーンスター賞」に、…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部