MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/11
  • MotorFan編集部

【1,317,600円】モト・グッツィV9BOBBER SPORT、3月下旬より発売

2/8より受付開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
V9Bobber Sport/真新しくて攻撃的なマットオレンジ
ピアッジオグループジャパン株式会社は、モト・グッツィのカスタムクルーザーV9Bobberに、カスタムを加えた『V9Bobber Sportを2月8日より全国のモト・グッツィ正規販売店にて受注を開始し、3月下旬より出荷を開始する。

モト・グッツィ V9Bobber Sport……1,317,600円

 今回発売するモデルはV9Bobberをベースとし、低く設定したシングルシートや、オーリンズ製ショックアブソーバー、更にはアルミ製スリップオンマフラーを標準で装着したスポーツカスタム。アグレッシブでスポーティに仕上げられたスタイリングは、V9Bobberの優れたハンドリング性能をさらに強調している。

■V9 Bobber Sportの概要

◆ モト・グッツィV9BOBBER SPORT(ブイナイン ボバースポーツ)
・メーカー希望小売価格:1,317,600円(税込)
・カラー:スポルト(専用色)
・発売日 : 2019年2月8日(金)
・出荷開始:2019年3月下旬より順次
・専用装備:
 オーリンズ製リアショックアブソーバー
 アルミ製スリップオンサイレンサー
 アルミ製フロントフェアリング
 アルミ製サイドカバー
 ロープロファイル シングルシート
 ショートハンドルライザー
 ショートフロントマッドガード
 フォークブーツ

 V9ボバーは、ミドルクラスのクルーザーセグメントにスポーツカスタムの命を吹き込む。第二次世界大戦後のアメリカで起きたダートトラックレーサー達によるボバースタイルの流行を再現したその独特の個性は、美しくブラックアウトされたディテールと、ワイルドなサイズのタイヤによって表現されている。そしてそのインスピレーションから、新しいモト・グッツィV9Bobber Sportが、意欲的で攻撃的な表情と、そのスポーティなキャラクターを引き出している。

■アグレッシブなライディングポジション

 新しいV9Bobber Sportは、ロープロファイルになったシングルシートを採用。これは、短くされたライザーによって取り付けられたドラッグバーハンドルと組み合わせることで、ライダーはより強調された「ローライド」ポジションにより、コンパクトでスポーティなライディングスタイルを提供する。

■Sport を引き立てる特別な装備

 V9Bobber Sportのキャラクターを強調する装備の一つがオーリンズ製のリアショックアブソーバーで、スタイリングはもちろん、乗り心地やハンドリングの向上に貢献します。スプリングプリロードと油圧のリバウンド/コンプレッションが調整可能で、小さなバンプを減衰し、同時に高速走行時のコントロール性を高め、ワイルドな車体のスタイルとは裏腹に、軽快なライデングが楽しめる。マットブラック仕上げのアルミニウム製スリップオンサイレンサーは、エレガントにエンド部分がスラッシュカットされ、モト・グッツィ縦置き850ccV型ツインエンジンの鼓動感あふれるサウンドをより強調する。
 また、低い位置にセットされたヘッドライトと、その上にはブラックアルマイトの小ぶりなトップフェアリングが装着され、V9Bobber Sportのフロント部分にさらに力強い存在感を与える。これに対し、フロントマッドガードは標準のV9Bobberより更に短いものへと変更されている。

■ダークマットとアグレッシブオレンジグラフィック

 専用グラフィックとなる真新しくて攻撃的なマットオレンジは、モト・グッツィイーグルが控えめに光るフューエルタンクにペイントされ、アルミ製のサイドカバーへと続く。そしてエンジン冷却フィン、ビレットアルミニウム製燃料キャップ、ヘッドライトトリムなどにも広がったV9Bobber Sport全体を包み込むマットブラック仕上げによってある種の統一感を演出している。

■モト・グッツィ V9Bobber Sport 主要諸元

エンジン:4ストローク,空冷,90°V型2気筒,OHV2バルブ
総排気量:853cc
ボア×ストローク:84mm×77mm
最大出力:40.44kW(55HP)/6,250rpm
最大トルク:62Nm/3,000rpm
燃料供給方式:マレリ製電子制御燃料噴射システムシングルスロットルボディ
始動方式:セルフ式
トランスミッション:6速リターン
クラッチ:Φ170mm乾式単板クラッチ
フレーム:高張力鋼管ツインチューブクレードルフレーム
フロントサスペンション:Φ40mm油圧式テレスコピックフォーク
リアサスペンション:オーリンズ製油圧式ツインショックアブソーバーフルアジャスタブル
フロントブレーキ:320mmステンレス製シングルフローティングディスク/ブレンボ製対向4ピストンキャリパー
リアブレーキ:260mmステンレス製フローティングディスク/ブレンボ製対向2ピストンキャリパー
フロントホイール:3.50”x16”アルミダイキャスト
リアホイール:4.00”x16”アルミダイキャスト
フロントタイヤ:130/90-16”
リアタイヤ:150/80-16”
全長/全幅/全高:2,185mm/840mm/1,160mm
シート高:785mm
ホイールベース:1,465mm
燃料タンク容量:15L
車両重量※:210kg
セーフティシステム:MGCT2レベルトラクションコントロール、ABS
製造国:イタリア

※車両重量は走行可能状態(燃料量90%時)

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る