テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/10/20
  • Motor Fan illustrated編集部

エフ・シー・シー:SUBARUから新規受注

このエントリーをはてなブックマークに追加
(参考)トルクコンバーターに備わるドライブプレート

 エフ・シー・シーはSUBARU向けドライブプレートを新規に受注し、本格生産を開始した。本件は、同社として初のSUBARU向け自動車部品の受注であり、今後もSUBARUとの関係を強化し、更なる取引拡大に努めていく。

1.納入品目
大容量CVT用ドライブプレート

2.納入先
株式会社SUBARU大泉工場(群馬県邑楽郡)

3.生産拠点
名称:エフ・シー・シー 渡ケ島工場
生産品目:ドライブプレート

4.量産開始
2018年3月

5.売上見通し
約60百万円(2020年度)

SUBARUのリニアトロニック。トルクコンバータの最前部に見えるのがドライブプレート。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated